待ち時間を快適に。博多駅「おもちゃのちゃちゃちゃ」へ子供とGO!

博多駅を子供と利用する時に、絶対にオススメなのが「おもちゃのちゃちゃちゃ」です。電車を待つ時間を子供と楽しく過ごせますよ。

「おもちゃのちゃちゃちゃ」への行き方

「おもちゃのちゃちゃちゃ」は、博多駅の1、2番線ホームにあります。

施設までは、トンネルをくぐって行きます。

トンネルを抜けると、

「おもちゃのちゃちゃちゃ」へ到着。

施設を見つけた子供が興奮してホーム上を走ってしまうと危険なので、安全面からトンネルをつけたんでしょうね。

「おもちゃのちゃちゃちゃ」利用前のコツ

トイレに子供を連れて行く

「おもちゃのちゃちゃちゃ」には、トイレやおむつ替えスペースがありません。

遊びに行く前にお手洗いは済ませておきましょうね。

食事、オヤツは食べてく

「おもちゃのちゃちゃちゃ」では飲食は禁止されています。

ランチやオヤツは食べてから施設に行きましょうね。

なお、水分補給は「おもちゃのちゃちゃちゃ」のエントランス・エリアで可能です。

「おもちゃのちゃちゃちゃ」の楽しみ方

木のオモチャ

「おもちゃのちゃちゃちゃ」には、木製のオモチャがたくさんあります。

特に、木のボール・プールが子供たちに人気です。プラスチックや布製のボール・プールとはひと味違った感触。

木製ボールはサラサラした肌触りです。遊んだときのカチャカチャした音も楽しいです。

真横を通りすぎる電車

「おもちゃのちゃちゃちゃ」は線路の1番線と2番線に挟まれています。遊んでいるときに、電車がすぐ目の前を通りすぎるので、迫力満点です。

貨物列車も通りました。「何をのせてるのぉ?」と、子供は興味津津な様子。

次は何色の電車がくるか、子供と当てっこするのもオススメです。

電車に詳しいママ、パパなら、電車の名前も教えてあげられますね。

「おもちゃのちゃちゃちゃ」利用は最大1時間

「おもちゃのちゃちゃちゃ」は、入室から最大で1時間の利用ができます。

利用時間の延長はできません。

私たちは、新幹線の待ち時間に「 おもちゃのちゃちゃちゃ」を利用しました。

子連れだと、何をするにも時間がかかるので、乗り過ごさないように早めに駅に到着するようにしています。

「おもちゃのちゃちゃちゃ」は駅のホーム内にあるので、電車を待つ間に子供と利用すると、待ち時間が楽しいです。

電車に乗る前に子供を遊ばせておけば、電車の中では静かにしてくれる、運が良ければ眠ってくれます。

福岡から兵庫へ戻る新幹線。乗車時間を子供のお昼寝時間に合わせたこともあり、車内でグッスリ眠ってくれました。

「おもちゃのちゃちゃちゃ」の利用料金

博多駅改札内の施設です。駅への入場は駅入場券または乗車券等が必要です。

施設の利用料金は、

おとな+子供 セットで300円
おとな 追加 200円
子供 追加 100円

です。

注意)

  • 「こども」は小学生以下(2歳未満は無料)
  • 入場は「おとな」と「こども」の同伴に限る
  • 「こども」と一緒におとな2名まで入場可能
  • 「おとな」と一緒にこども3名まで入場可能

私達は、夫婦、3歳、1歳の4人でいきました。おとな+子供の料金に、おとな追加料金で計500円です。

ワンコインで家族で1時間楽しめて、お得〜。

「おもちゃのちゃちゃちゃ」のオープン時間

10時~17時(最終入場時間 16時30分)

「おもちゃのちゃちゃちゃ」まとめ

食べ物が美味しい福岡。子連れで旅行や帰省で行ったときに、「おもちゃのちゃちゃちゃ」はオススメです。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。