子供と廃線&トンネル内ハイキング。武田尾温泉と武庫川を家族で満喫。

宝塚駅からすぐの場所に、旧国鉄の廃線を歩くハイキングルートがあります。1歳と3歳の子供と一緒に歩いてきました。昔は電車が走っていたトンネルの中を歩けて子供は大興奮。おすすめです。

歩いたルートは?

スタート地点は、武田尾温泉の紅葉館「あざれ」という旅館です。ハイキングの前日に、紅葉館「あざれ」に宿泊しました。

<子連れハイキング・ルート>

武田尾温泉紅葉館「あざれ」(朝10時出発)

(0.7km/徒歩15分)

武田尾駅
(1.4km/徒歩30分)

親水広場 (10:45到着/11:15出発)

武田尾温泉紅葉館「あざれ」(12:00到着)

 

チェックアウトをした10時にハイキングを開始です。自宅から紅葉館「あざれ」までは車で行きました。ハイキング中も車は紅葉館「あざれ」の駐車場を利用させてもらえました。

多くのハイカーは、JR生瀬駅をスタート地点にし、紅葉館「あざれ」をゴール地点にしています。JR生瀬駅から紅葉館「あざれ」までは片道約8kmです。

我が家は幼児2人おり、加えて私が妊娠7ヶ月。今回は、紅葉館「あざれ」から親水公園を往復する約5kmのハイキングで十分楽しめました。

 

トンネル内を歩ける

紅葉館「あざれ」から親水公園までの道のりに、長尾山第2トンネル(全長142m)です。私たちは、ライトは持って行きませんでした。ライトがあれば、冒険感がもっと出てよかったかも。

親水広場は川辺に降りられる

親水広場では、武庫川の川辺に降りることができます。川辺では、ピクニックシートを敷いてランチを楽しむ人が多かったです。

1歳はおんぶ。

1歳半の次女は、私がおんぶ(エルゴの抱っこ紐を使用)して歩きました。紅葉館「あざれ」から親水公園までの道のりは平坦です。次女は12kgあります。妊娠中の私は、普段の体重よりすでに6kgも体重が増加しています。往復5kmの道のりは、よい運動になりました。

 

ベビーカーは無理

困ったのは、長女(3歳)です。紅葉館「あざれ」から武田尾駅までの道はコンクリートなので、ベビーカーの使用は可能です。でも、武田尾駅から親水公園までは、平坦ですが砂利道、山道が続きます。ベビーカー使用は難しいです。

日中の気温は20度を超える暑い日でした。長女は、途中でパパに抱っこしてもらいながら、なんとか歩ききりました。

「あるこー、あるこー、私は元気ぃ〜」と、トトロのテーマ曲をトンネル内で歌って楽しそうでした。

 

飲みのも、おやつは必携

紅葉館「あざれ」から武田尾駅までの道中、コンビニも自動販売機もありません。事前に用意しておきましょう。

 

ライトはなくても大丈夫

10時から12時までの2時間のハイキング。トンネルも2箇所通りましたが、この日は快晴でライトは不要でした。

 

まとめ

子連れで廃線ハイキング。子供には、トンネルや緑と川の自然を楽しませることができ、ゴールデンウィークの良い思い出になりました。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。