苦楽園の「割烹にしい」で贅沢なお祝い和食ランチ。ミシュラン掲載の店だよ。

苦楽園エリアにある和食レストラン「割烹にしい」でランチを食べてきました。ミシュランで星を獲得したこともあるお店。お値段や食事の内容をレポートします。

お昼コースは3千円から

平日のお昼に時間ができた夫と一緒に、久しぶりに夫婦水入らずでランチに行きました。せっかくなので、小さい子供とは普段行けないお店に行くことに。選んだのは、西宮市に引っ越してから気になっていたお店、「割烹にしい」です。

当日の朝、開店時間の11:30に電話をかけ、席の予約ができるか確認したところ予約できました。

ランチはすべてコース料理です。一番安いコースで3、000円(予約不要)です。ミシュランに掲載されたとあって、強気の値段設定ですよね。でもね、お値段の価値は十分あります。後ほど記載する料理の内容をご覧になっていただければ、納得のお値段です。

料金体系は、以下です。

<昼のおまかせ料理>
3,000円コース
6,000円コース <要予約>
9,000円コース <要予約>
12,000円コース <要予約>

<夜のおまかせ料理>
6,000円コース <要予約>
9,000円コース <要予約>
12,000円コース <要予約>

当日に電話で席の確保をお願いした際に「キャンセルの場合は全額キャンセル料金がかかります」とのことでした。

 

席はカウンターとテーブル

お店は2階建てです。1階はカウンター席、2階にはテーブル席があります。13時にお店に行った時、カウンター席は満席でした。私たちは、2階のテーブル席に案内していただきました。

「割烹にしい」は、閑静な住宅外にあります。角地に立っているので、2階席は日当たりがよく、明るい感じです。

2階のテーブル席からは、夙川の支流が眺めることができます。なお、2階へあがる階段はかなり急です。足の不自由な方は、2階席は難しそうですね。

 

キッズ・チェア有り

2階席にはキッズ・チェアが1台ありました。お祝い事などで、子供をつれてくることもできそうです。

 

ランチの内容

それでは、3、000円ランチの内容をご紹介しますよ。

1)先付
まずは、前菜です。豪華な器に入って運ばれてきました。

蓋をあけるのが、ワクワク、ドキドキします。

じゃ、じゃーん。

 

2)刺身
マグロの刺身でした。ワサビが全然辛くないのが印象的。

3)炊合せ
季節の野菜の煮物です。春を感じさせる食材でした。器の蓋をあけると、フキの新鮮な香りがフワーっと広がり、食欲をそそります。

4)天ぷら
中身は白身魚、そして蕗(ふき)のとうです。揚げたてで、サクサクしています。上等な油を使っていますので、胃に負担がかからない。

天ぷらは、塩につけて食べます。お塩が、粉雪のようにサラサラしていて、天ぷらの美味しさを引き立ててくれます。

5)ご飯・味噌汁
ご飯は、桃の節句に合わせて、ちらし寿司でした。味噌汁の器がモダンだなぁ。

 

6)デザート
最後のデザートは、シャーベット(イチゴ、ゆず、黒蜜)または抹茶プリンから選べました。
私は黒蜜シャーベット、夫はゆずシャーベットを選択です。

写真を撮り忘れました。ごめんなさい。

以上、3、000円のお昼のコースの紹介でした。一番お得なコースで、この豪華さです。もっと上のコースだと、いったい、どんな料理になるのでしょうね。

 

お会計

この日のランチで注文したのは、

・お昼のコース(3000円)× 2
・生ビール(600円)× 1

です。消費税を含め、合計は7、128円でした。

合計金額を書かれた紙は、和紙に筆で書かれていました。お会計はテーブル会計で、2階の席で会計してくれましたよ。

 

シェフは西井康治さん

お店の名前は、シェフの西井康治さんからきています。西井さんは関西学院大学をご卒業後に、料理の世界へ。

大阪や京都で日本料理の修業されたのち、2013年に「割烹にしい」をオープンされました。

 

特別な日に是非

サービスも良いし、味も美味しいです。お祝いごとや、記念日なのど特別な日の利用に最適ですよ。

季節感を感じられる食事、そして静かな店内です。テーブル席を予約して、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に行くのも有りだなぁと思います(前述しましたが、階段には気をつけてくださいね)。

「割烹にしい」に基本情報

住所:〒662-0072 兵庫県西宮市豊楽町1-32
TEL:0798-70-2415
営業時間:
昼/11:30~ラストオーダー13:30
夜/18:00~ラストオーダー19:30
定休日:毎週木曜日
最寄駅:阪急「苦楽園口駅」から西へ徒歩5分
駐車場:なし(近くにコインパーキングあり)