費用90万円!サンタクルス夙川でシャトー・ルームに入院 (出産レポ2)

関西で有名なセレブ産院「サンタクルス夙川」での出産にあたり、せっかくの機会なので最高ランク「シャトー」のお部屋に滞在しました。お値段は、90万円なり。

ちなみに、サンタクルス夙川にはシャトー・タイプのお部屋は2つあります。St.Michel(100万円)とSt.Gabriel (90万円)です。私が入院した日はSt.Michelが空いてなかったので、St.Gabrielに入院することになりました。

これが、サンタクルスのセレブ入院部屋だ!

St.Gabriel(ガブリエル)の部屋に入ると、まず目に入るのは、豪華なシャンデリア。ヨーロッパの宮殿のようです。

クィーンサイズのベッドに生後2日目の赤ちゃんを寝かせてみました。

赤ちゃん、小さっ!
ベッド、でかっ!

こちらはソファーです。

ベルサイユ宮殿でマリーアントワネットが使っていそうなデザイン。

ソファーやベッドには木製の彫り物が付いています。この彫り物に長女が頭をぶつけて泣いていました。高級家具、子供にはまったくもって不向きです。

ガブリエルの部屋の設備で私が気に入ったのは、コーヒー・メーカーです。授乳するのでカフェインの取りすぎは注意しつつ。

コーヒー好きな私ですが、母乳を通しての赤ちゃんへの影響を考慮して1日2杯に抑えていました。カフェインレスのコーヒーをおいてくれると最高なんだけどな。贅沢言い過ぎ?

お見舞いに来る人に美味しいコーヒーをだすと喜んでもらえそうです。ティー・カップもノリタケ製のものが2客部屋に備わっていましたよ。

私の場合、産後直後は家族以外の人に会いたくないなので、入院中に会ったのは家族だけでした。

室内には、バスタブ、シャワー、トイレ、洗面台があります。もちろん全て独立しているので使い勝手が良いです。

このバスタブ。脚の部分をよく見ると、猫型です。

ただですね。ママは産後1ヶ月経過しないと湯船には入れないから、このお風呂は付き添い入院者のためってことですね。

シャトー・ルームに入院するメリット

付き添い入院の費用込み

サンタクルス夙川は付き添い入院が可能です。シャトー・タイプの部屋には、付き添い入院の料金(宿泊・食事)も含まれているので、付き添い入院の追加の費用は発生しません

ちなみに、1人目出産のとき(聖路加病院/東京都)も、2人目出産のとき(西川医院/大阪府)も、付き添い入院は不可でした。付き添い入院ができる病院って、意外と限られているのかもしれないですね。

私は病院についてからすぐにLDR(陣痛・分娩のための部屋)に入りました。分娩中は、夫がこのSt.Gabrielの入院部屋で上の子2人をみてくれました。分娩開始から入院室を利用できる制度は助かりました。長女はプリンセスのお部屋と大喜び!

出産したのが土曜日だったので、運良く夫は仕事がお休みでした。そのため、出産当日から夫と上の娘2人に付き添い入院してもらい、ベビーも含めて家族5人で部屋で一緒に過ごせました。

出産当日から家族全員で過ごせたので、上の子たちにしてみればママを取られた感が少なく、自然に赤ちゃんを受け入れてくれました。

家族が一緒に宿泊できることに加え、家族分の食事が付いているのもメリットが大きかったです。

私が入院している間は、夫は平日は仕事後に病室に直行。夕方6時からの夕食を部屋で家族全員で食べることができました。

上の子2人は保育園が終わったらファミリーサポートの方によって毎日病室まで連れてきてもらえました。

シャトー・ルームは2泊の延泊が無料

シャトー・ルームは2泊の延泊が無料でできます。

サンタクルス夙川は、分娩当日から数えて4泊5日目が通常の退院日です。私は無料延泊をしっかり利用して、6泊7日目に退院です。

私の場合、分娩時刻が夜の11時頃だったので、初日は1時間で終了してしまいました。延泊制度を利用できて良かったー!

実家から実母が産後ヘルプにこれるのが出産から10日あとだったので、1日でも長く入院していたかったという事情もありました。入院中は私のみならず夫・子供の食事もついてるし。

ちなみに、無料延泊後にさらに延泊したい場合、St.Gabrielは一泊85,000円だそうです。さすがの値段ですね。

お祝いエステは何回でも

入院中にお祝いエステを受けることができます。

通常は一回ですが、シャトー・ルームだと入院期間中は毎日利用してもオーケーです。

ただ、エステの場所は別館のチャイルドクリニックが入っている隣の建物なんです。

歩いていくのが産後直後は大変なので、エステは退院前日に予約するのがオススメです。

エステの方が、入院部屋まで施術しに来てくれると助かるんだけどな。贅沢言い過ぎ?

さらばシャトー・ルーム、ふたたびママは過酷な労働市場へ

夫の理解もあって、シャトー・ルームで快適な入院生活を過ごせました。のりちゃんママのエネルギーはフル充電完了です。

退院後は、3人の育児、家事、仕事と働きまくります。辛くなったら入院期間中のかりそめのセレブ生活を思い出すぞー。

最後に関連記事のご紹介。今回の出産は、ぜーんぜん痛くなかったんです。よろしければ、出産レポの記事、

陣痛が怖い?痛くない、気持ちいい出産体験の実話。あっ、自然分娩です。

もお読みくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。