産後ダイエット成功は「もずくスープ」で。子供も食べる、漁師さんレシピ

もずくスープ

産後ダイエットで役に立ったのは「海蘊(もずく)スープ」でした。2人目出産後に旅行した宮古島で、漁師さんに教えてもらったレシピを大公開します。

宮古島の海の上で食べた「もずくスープ」

2016年の冬。産後4ヶ月の時に、宮古島に家族旅行しました。託児付きのダイブハウスを見つけたので、当時0歳と2歳のキッズを預けて、夫と2人でダイビング1日ツアーに参加しました。


午前中に、たっぷりとダイビングを楽しんで、昼食の時間。ダイブハウスのオーナー兼船長は、もずく漁師もされている方でした。船上のランチ。カレーライスと「もずくスープ」を出してくれました。

綺麗な海の上で飲む「もずくスープ」。ダイビングで疲れた体に、染み渡ります。

それまで、もずく=酢の物のイメージが強かったです。しかし、宮古島で「もずく」を頂いてから、その美味しさに開眼。兵庫県の自宅に戻ってから、「もずく」を料理に使うことが増えました。

「もずく」が産後ダイエットにオススメな3つの理由

低カロリー

「もずく」は100gで6kcalしかありません。低カロリーなので、体重を落としたい産後ダイエットにピッタリです。

普段の食事に「もずく」を取り入れれば、ボリュームは増え、ひと口当たりのカローリーは下げることができます。

食物繊維が豊富

「もずく」って、ヌルヌルしていますよね。あのヌメリ成分はフコイダンとよばれる食物繊維です。食物繊維が豊富に含まれているので、ダイエット中の便秘予防になります。お通じが良ければ、お肌の調子も改善されます。「もずく」で美肌とスリム・ボディを手に入れましょう

生で食べられるから調理が簡単

「もずく」は生で食べることができます。調理が簡単です。例えば、普段食べている味噌汁に「もずく」を入れるだけ。または、そうめんに「もずく」を入れるだけ。これだけで、立派なダイエット・レシピになります。

産後は、赤ちゃんのお世話があるので、1分、1秒も無駄にはできません。体も育児で疲れています。「もずく」を使った時短レシピ・楽ちんレシピなら継続しやすく、産後ダイエットが成功しますよ

子供も大好き

我が家の2歳と1歳のキッズ。最近は、お味噌汁を作っても、具を残すことが多いのです。しかし、汁に「もずく」が入っているだけで、スープを完食してくれます。

子供は麺類が大好きです。ツルツルしている「もずく」が、子供にとってはヌードルと同じ感覚のようです。子供がスープを飲んでくれない時は、「もずく」を入れてます。これだけで、他の具材の野菜やキノコも食べてくれます。栄養満点です。

漁師さん直伝「もずくスープ」レシピ

材料:もずく/カツオ出汁(人数分)/生姜(一かけ)/塩/醤油
(1)カツオ出汁をつくる(濃いめ)
(2)生姜を2ミリ厚にスライス
(3)(1)に(2)、もずくを入れ一煮立ち
(4)塩・醤油でお好みの味にする
(5)好みで溶き卵・小口ネギを入れる

アレンジで、豆腐やキノコ類を入れるとさらに美味しいです。
冒頭の写真も、豆腐とシイタケを入れて作りました。

楽天で、沖縄県産のモズク(嬉しいレシピ付き)見つけました。口コミ評価も良いので、リンク貼ります。

 



関連記事:私は、この方法で産後ダイエットに成功しました

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。