「ママズクラブシアター」で赤ちゃん連れ映画鑑賞。TOHOシネマズ西宮にて。

Movie theater

子どもが小さいうちは、映画館に行くなんて夢のまた夢。なんて思っている子育て中の皆さま、「ママズクラブシアター」をご存知ですか?

TOHOシネマズ西宮で毎月開催されている「ママズクラブシアター」は、赤ちゃん連れで映画を見ることができるのです。

この時間帯は赤ちゃんづれの客のみが入場できます。なんて、うるさそうな。。。

果たして、赤ちゃんだらけの映画館、楽しむことができるのか。

子ども3人(1歳、3歳、4歳)を連れて鑑賞してきました。

「ママズクラブシアター」っていつ開催されているのか?

「ママズクラブシアター」は毎月1〜2回開催されています。

私が鑑賞したのは、2019年8月の「ライオンキング」です。平日の木曜日に開催されました。

次回の「ママズクラブシアター」も同じく「ライオンキング」で木曜日に予定されています。

木曜日に開催されることが多いみたいですね。平日なので、仕事をしているママ・パパは仕事の休みを取得していくことになります。

我が家も、夫・私ともに仕事を休みました。加えて、保育園児3人組も映画のために保育園をお休みました。

「ママズクラブシアター」のチケットの買い方

ママズクラブシアターで上映される映画のチケット購入は映画館の窓口でのみできます(2019年8月時点での情報)。

ネット購入はできません。そのため、良い座席を確保したい人は工夫が必要です。

この日、映画の上映開始は12:30からでしたが、良い座席を確保するために当日の午前10時に窓口でチケットを購入しました。

午前10時の段階では、かなりの選択肢が残っていました。

ママズ クラブ シアター、どの座席がベスト?

SCREEN1の座席表

高いお金を払って映画を見るのだから、すこしでも良い席で見たいです。

「良い席」とはどこか?

どんなメンバーで行くかによるけれど、今回、ママズクラブシアターを利用して個人的に思った座席の選び方を話します。

広い通路の前の席

SCREEN1(上の画像)でいうと、D列の真ん中です。

足元に広いスペースがあるので、子どもを座らせたり、遊ばせたりすることができるのがポイントです。

「うちの子、じっとしてられないのよ」

という方にはメリットがあるかもしれません。

ただ、前から4列目で、かなりスクリーンに近いです。人によっては、前過ぎて目が疲れるかもしれないです。

端っこの席

私たち夫婦(子ども3人)は、端っこの席を狙いました。

上映中に子どもがトイレに行きたいと言い出す可能性が高いので、途中退出しやすいと考えたからです。

(実際、末っ子のオムツ替えのために途中退出しました)

スクリーンからの距離は遠からず、近からずのH列です。

夫婦だけなら2人がけシートもアリ

パパ・ママ、そして膝抱っこする赤ちゃんのみなら、2人がけシートもありですね。

独身時代のデート気分を味わえそう。

ママズ クラブ シアターのチケットを購入して、まずランチ

チケットを購入した後、時間があるのでガーデンズでお買い物。それからランチをしました。

映画の前に食事を済ませておくと、子どもの機嫌が良いので。

ガーデンズ内には美味しいレストランがたくさん入っています。どのお店で食べるか悩みます。

今回は、The Buffet gardenに決定。

The Buffet garden

The Buffet garden、和洋中とそろっており品数が豊富です。

1歳になったばかりの末っ子が食べられる物がたくさんあります。

加えて、3歳以下は無料で利用できます。

我が家の子どもは4歳、3歳、1歳なので、下の子2人は無料。

The Buffet gardenは、ドリンクバーを追加料金でつけることができます。大人は299円(税抜き)です。

子供達はドリンクバーの利用は無料でした。子育て家庭に優しいお店だわ〜。

The Buffet gardenは、グラスにフルーツやヨーグルトをいれて自分スタイルのスムージーを作れる機械があり、子どもに人気なのです。

ママズクラブシアターで映画を鑑賞

ランチを食べ終わったのが12:15。映画開始時間が迫ってきたので、TOHOシネマズへ向かいます。

チケット・カウンターではチケットを購入する人が並んでいました。

早めに購入しておいて良かった。

バギーは映画館の入り口前に並べる

Baby car in the movie theater

上映時間の5分前に入場します。ベビーカーは映画館の入り口前に並べておくコトになっています。壁際にズラーッとバギーが並んでいます。

子供用クッションをゲット

cushion for kids watching the movie

座椅子があったので長女(4歳)と次女(3歳)の分をお借りしました。

ママズ クラブ シアターって超人気なんですね。

ほぼ満席でした。

1歳未満の赤ちゃんを連れているパパ・ママさんが多かったです。みなさん、抱っこ紐で赤ちゃんをかかえながら鑑賞されていました。

ママのおしゃべりが気になる

近くの座席に座っていたママ2人が、映画開始からずーっとおしゃべりしていました。

赤ちゃんが泣いたり、子どもが騒いだりするのは仕方ないことだし、お互いさまです。

でも、大人の女性が映画館でおしゃべりするのはマナー違反だと感じました。

おしゃべりして、日頃の育児のストレスを発散したい気持ちは理解できます。でも、映画を上映中に話すのはナシでお願いしたいです。

よちよち歩きの1歳くらいの子どもたちが場内の階段を繰り返し上り下りしている姿があって、あぶないなーと思いました。

ママズクラブシアターの感想

最後に映画館で鑑賞したのは、フレディーマーキュリーの伝記映画「ボヘミアンラプソディー」でした。

「ボヘミアンラプソディー」を鑑賞した時は、子どもはベビーシッターさんに預けました。

ママズクラブシアターを利用すれば赤ちゃんを連れて行くことができるので、子育て中でも映画を見に行くハードルはずっと低いです。

赤ちゃんが泣くのはお互い様。

スクリーンでみる映画は迫力があって、よい気分転嫁になります。またママズクラブシアターに行きたいです。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。