淡路島の子連れ宿泊はココ!ホテル「夢海游」で大満足な夏休みの家族旅行。

yumekaiyu guest room

淡路島の洲本市にあるホテル、「夢海游 淡路島」に子連れで宿泊してきました。

「夢海游 淡路島」には、キッズ・コーナーがある

yumekaiyu kids place
キッズ・コーナーで遊ぶ子供

1階のフロント前に、キッズ・コーナーがあります。

チェック・インより少し早めにホテルに到着したので、キッズ・コーナーで子供を遊ばせることができました。

キッズ・コーナには、絵本や木のおもちゃ、そして、滑り台、ロディといった体を動かす系のモノもありました。

靴を脱いで遊ぶので、清潔でした。

「夢海游 淡路島」は、8階に室内プールがある

yumekaiyu indoor pool
眺め抜群のインドア・プール

私たちがホテルに宿泊したのは、台風10号が関西を直撃した日でした。

海水浴はおろか、ホテルの外に出ることも難しい状況でした。

「夢海游 淡路島」には、8階に室内プールがあるのです。水深が90cmなので、子供向き。

我が家の4歳、2歳の娘たちは泳ぎの練習に励みました。

1歳の息子もプカプカと泳ぐ。

yumekaiyu indoor pool
1歳の息子もプールをエンジョイ。

室内プールからの眺めも絶景で海が見えます。

プールサイドにはジャグジーがあるので、大人もリゾート気分を満喫できます。

「夢海游 淡路島」の温泉大浴場には子供設備がある

私の旅行の最大の楽しみ、温泉。

「夢海游 淡路島」には、2つの大浴場(「海音の森」と「海風」)があります。

どちらの浴場(女湯)にも、

  • ベビーベッド
  • バスチェア

がありました。

子供設備が整っているので、乳幼児といっしょに入浴しても温泉を楽しむことができました。

個人的なおすすめは、離れスパの「海音の森」です。

本館からは、結構な距離を歩く必要があるのですが、その価値はあります。

自然に囲まれていて、解放感があふれた温泉です。非日常を味わえるので、普段の子育ての疲れが癒されます。

「夢海游 淡路島」の食事は子連れに優しい

夕食は個室で

夕食は8階にある夕食会場(個室)でした。

yumekaiyu dinner place
8階の食事フロア

乳幼児連れには嬉しい座敷です。

座敷で使えるベビーチェアをお借りしました。

yumekaiyu dinner place

そして、バンボもあります。

yumekaiyu kids chair

子供用の食器も完備です。

yumekaiyu kids dinner
キッズ・ディナー

大人は和会席でした。子供のメニューは、洋食がメイン。

欲をいえば、我が家の子供は和食が好きなので、子供メニューも、和テイストにしてほしいなぁ。

朝食はビュッフェ

朝食はビュッフェです。

和食と洋食のどちらもあります。

椅子、食器ともに子供用のものがあるので安心でした。

1泊目の朝は眺めの良い窓際に座ったのですが、ビュッフェから遠いので不便でした。

2泊目の朝は、ビュッフェにできるだけ近い場所に座りました。

「夢海游 淡路島」の朝食ビュッフェでは、目の前で天ぷらを揚げてくれるサービスがありました。朝から、揚げたての天ぷらを食べられる。うーん贅沢。

まとめ。ホテル「夢海游 淡路島」は子連れ旅行に良い。

キッズ・コーナーやインドア・プールがあったので、雨や台風の時にホテルの中で子供と楽しく過ごすことができました。

温泉や食事会場での子供設備が整っていたので、保護者もストレスフリーで旅行を楽しめました。

淡路島に子連れ旅行するときは、また「夢海游 淡路島」に宿泊したいです。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。