妊娠後期のダイエット。水泳効果で体重が増えなくなったよ。

妊娠35週に入りました、のりちゃんママです。体重がいちばん増えやすい妊娠後期。週3のプール通いで体重コントロールがうまくいっています。

長く、ゆっくり泳ぐコツ

泳いで脂肪を燃やすには、長い距離をゆっくり泳ぐ必要があります。最初は50メートル泳ぐだけで息切れしていましたが、コツをつかむことで30分間ちかく泳ぎ続けることができるようになりました。

キックは2ビート

のりちゃんママ、水泳を始めた当初は泳ぐとすぐに息切れしてしまっていました。

すぐに息切れしてしまう理由を調べたところ、バタ足を頑張りすぎていたことが判明。脚の筋肉はとても大きいので、脚をバタバタ動かすとすぐに疲れてしまうのです。

そこで、バタバタとむやみにキックをするのをやめて、「2ビート」というキックで泳ぐことにしました。

「2ビート」では右手で水をかく時に右足を1回キック、左手に水をかく時に左足を1回キックします。

いろんな泳法で泳ぐ

カロリー消費がいちばん大きい泳法はクロールです。ただ、クロールでばかり泳いでいると、疲れる、飽きるのです。

そこで、クロールに加えて平泳ぎと背泳ぎもしています。

厳密に計算しているわけではないですが、感覚としては全体の3分の2がクロール、残り3分の1が平泳ぎと背泳ぎという感じで、飽きないように、息切れしないように泳ぎ続けています。

平泳ぎと背泳ぎする際も、キックを頑張りすぎないことが長く泳ぎ続けるポイントです。

水中ウォーキング

続けて泳ぐのが難しい、または、泳げないという場合は、水中ウォーキングでも良いですね。

水中ウォーキングのメリットをあげると、

  • 水の抵抗があるので、陸を歩くよりも脂肪が燃焼しやすい
  • 泳ぐよりも長く運動を続けることができる

の2つです。

シニア層が増えたことで、最近ではどこのプールでも最低1コースはウォーキング専用となっているのを目にします。

まずは手軽に始められる水中ウォーキングから始めるのも良いですよ。

妊娠中の水泳の効果

上半身が痩せた

週3回のスイミングで、目に見えて痩せたのが上半身です。

いちばん痩せた箇所は、背中です。腕の力をつかって泳いでいるので、肩周りと背中の脂肪が燃えるのでしょうね。

それから顔のラインもシャープになりました。妊娠中期の怠けた生活で、二重アゴになっていたのですが、1ヶ月のスイミングで頬周りがすっきりしました。

食欲が減った

スイミングを開始する前は、とにかくお腹が空いて仕方ありませんでした。

それが、午前中にプールに通うことにしてから、食欲が減りました。おかげで、間食をしなくなったのです。

運動することで、アドレナリンやドーパミンという脳内物質が出ます。これらは、食欲を抑える効果があるんですって。

妊娠後期にダイエットを頑張る意味

夫や、実家の家族、義理両親、そして友達。産後は赤ちゃんを見にたくさんの人が訪れてきます。

その時に、みんな赤ちゃんの写真を撮りますよね。

みんなが見ているのは赤ちゃんであって、ママではないのです。しかし、産後はママと赤ちゃんは一心同体。ママが抱っこしていることが多いので、必然的に赤ちゃんの写真にママも入りこむんですよ。

赤ちゃんにフォーカスして写真を撮るものだから、ママはアゴから下が写真に入っていたりします。

写真は長いあいだ残るものなので、できるだけ痩せた自分を残したいというのが、女ごごろです。

産後の写真のために、妊娠後期は必要以上に体重を増やさないように気をつけています。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。