ストレスゼロな子連れ旅行。宮崎カーフェリー1等客室が快適でお得

3人の子育て中、のりちゃんママです。新しい旅のカタチに挑戦しました。カーフェリーです。

自家用車を乗せての船旅。子連れ旅行でも移動が楽チンで最高でした。

我が家の場合、これまでは自家用車で旅行に行くことが多かったです。子供が車にのっているのは1時間が限界です。それ以上すぎると、後部座席で兄弟喧嘩を始めたり、お腹がすいたと泣きわめいたりしだします。

なので、車で長距離を移動する場合は、途中で何度も休憩を入れます。

高速道路のサービスエリアで休憩して10分後にまた「トイレ行きた~い」と言い出すこともあるので、幼児を乗せての車での移動は気苦労が絶えません。

その点、カーフェリーでの移動は、ストレス・フリーでした!

ほかの乗船客に迷惑をかけないよう、1等客室を予約しました。我が家だけで1室を占有できるので、子供を遊ばせておける。ママはお茶を飲みながら、窓から見える海を眺める。ああ、なんて優雅な移動時間。

宮崎カーフェリー1等客室内はこんな感じです。ベッドが4つあります。

リビングスペースがあります。カーテンを開ければ、そこは海!

テレビ、ポット、ティッシュ、ヘアドライヤーが備わっています。ホテルみたいです。

クローゼットを開くと、寝巻きにスリッパまで。ホテルみたいです。

洗面台の上には、タオルと歯ブラシまで。

客室料金の話をすると、幼児は大人1人につき1名が無料です。

我が家は幼児3人です。大人はパパとママの2人なので、幼児2人は無料です。

幼児3人連れの旅行は荷物が多いです。紙オムツだけでも、かなりの容積になります。

カーフェリーの場合、乗船中に必要な荷物だけを持って、それ以外の物は自家用車の中に荷物を置いたままにできます。

かフェリー、寝ている間に目的地に到着するので、時間を有効活用できます。

夕方に神戸を出港して、朝に宮崎に到着します。

子供の普段の就寝時間(夜8時)を考慮し、乗船する前に夕食を済ませました。

乗船したらカーフェリー内にあるお風呂にすぐ入りました。海を見ながらのお風呂も子供にとっては楽しい経験。

お風呂をあがったら、客室内でドライヤー、歯磨き。3人分をパパとママで手分けしながら行って、終わった頃にはちょうど20時。

おやすみー。

(就寝)

おはよー、と窓をあけたら、もう目的地の宮崎です。

こんに遠く離れた場所に、こんなに簡単に移動できる。感動です。

朝食は船内のレストランで食べました。コロナの影響で、ビュッフェ形式をやめて、定食スタイルで提供です。この日に用意されていたのは、和食・朝食・カレーの3つ。値段は各600円。

私とパパは和セットを注文。

パン好きな子供たちは洋セットを。

個人的には、コーヒーが飲み放題というのが嬉しかったです。

宮崎カーフェリー。良いことづくめでしたが、チャレンジングなことが1つありました。

帰りの便が、台風の影響で大揺れ、そして、神戸到着の時間が1時間ほど遅れた点です。

帰りの便が出港する前日に、私の携帯に宮崎カーフェリーの担当者の方から電話が入ったのです。

「明日の便、1時間の遅れがありそうです」

遅れは1時間で済んだのでよかったのですが、船の揺れ方は物凄かったです。

船内で販売している酔い止めを飲みました。

神戸港に到着したら、私とパパは仕事に、子供は保育園に直行しました。カーフェリーを使うと効率よく旅行に行けるわー。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。