手縫いで30分!子供服リメイク&簡単手作りで、ママ友に喜ばれた。

思い出が沢山つまった保育園や幼稚園の制服。捨てられませんよね。今日は、子供の制服を使った小物の簡単リメイク法をご紹介します。針と糸さえあれば30分で完成します。

子供服の簡単リメイクで用意する物

  • 着なくなった子供の制服(普通服でも可)
  • 針と糸
  • 制服を縫い付ける小物(今回はティッシュボックス・カバー)

着なくなった子供の制服を使います。

卒業した保育園の制服

お下がりで友達に譲るのもできないくらい状態が悪いです。特に、袖口がボロボロ。

でも、セーラー服の襟の部分(裏側)は、無傷で綺麗です。保育園のロゴが付いているので、思い出を形に残すのにぴったり。

子供服の簡単リメイク【作り方】

制服(普通服でもOK)から、思い出に残したいプリント部分を切り取る。

school uniform of child
制服のプリント部分を切り取る

縫うのが楽なように、長方形または正方形で切り取ります。

プリントのデザインによっては丸型に切り取っても良いです。

切り取るときは、縫い付ける箇所よりもひとまわり小さく切り取ります。

生地をアイロンがけ

切り取った生地の端がほつれないように、生地の端を5mmほど内側に折り込み、アイロンをかけます。

生地をティッシュケースに縫い付ける

縫い付けには、「たてまつり縫い」という縫い方にすると可愛い仕上がりになります。

「たてまつり縫い」はゼッケンやアップリケを縫い付けるときにも使えるので、縫い方を知っておくと損はありません。

私は、「たてまつり縫い」を説明する動画サイトを参考にしました。

今回、作成したティッシュボックス・カバーは、男の子と女の子のママへのプレゼントに作りました。

そこで、縫い付ける時に赤と緑の2色を使いました。

子供服の簡単リメイクは、ティッシュボックス・カバーがオススメ

縫い付ける対象は、巾着や手提げバック等、いろんなものが考えられます。

ティッシュボックス・カバーは、子供の部屋に置いたり、あるいは、車の中に置いたり、長く使うことができます。

ティッシュボックスって、日常生活では意外とカバーに入れずにボックスをむきだしで使っている人が多いです。

シンプルなデザインのティッシュボックス・カバーに、子供服の生地をアップリケすると、とっても可愛いく仕上がりますよ。

ママ友にプレゼントしたら、とても喜んでいただけました。

今回、私が使ったティッシュボックス・カバーはこれです。

生地がしっかりしているので、手縫いで縫うときに少し苦労しました。フックが付いているので、かけて使うことができます。

このティッシュカバーは色が10色展開なので、縫い付ける生地の色に合わせて好みの色をどうぞ。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。