15分で3品作る時短夕食メニュー【春野菜と魚】

子供を保育園にお迎えに行き、帰宅してからの夕食作り。どれだけ短時間で作って、なおかつ、家族に喜んでもらえるか。腕の見せ所です。

今日は、15分で3品つくれてしまうレシピを公開します。

新ジャガイモのカレー風味

  • 新じゃがいも2〜3個(新じゃがでなくても可)
  • 合挽き肉100〜200g
  • カレー粉 大さじ1 
  • 塩・こしょう 適量

【作り方】

よく洗ったジャガイモを5cm長さの拍子切り(細長い感じ)にする

耐熱容器にジャガイモ、その他の材料全てを入れ、よく混ぜ合わせる。

電子レンジで加熱する。我が家の電子レンジでは、500wで7分くらいです。ひき肉にしっかり火が通ればOK

加熱後、ひき肉がバラバラになるよう、よく混ぜる

菜の花の辛子和え(子供用はカツオ節で和あえる)

  • 菜の花 1束
  • しょうゆ 大さじ1 
  • からし(チューブ)小さじ1

【作り方】

水で洗った菜の花をたっぷり沸かした湯で茹でる。茹で加減はお好みですが、私は芯が残る感じが好きなので15秒〜20秒くらいしか茹でません。

水にさらしてザルに上げ、3センチ幅にカット

大人用:2を醤油・からしを混ぜ合わせたもので和える

子供用:2をカツオ節・醤油で和える

注意:菜の花を茹でたお湯は後で使うので捨てないで!

湯でサーモン

  • サーモンの切り身(必要枚数)
  • 調理酒 大さじ1

【作り方】

菜の花を茹でたお湯(お湯の量はサーモンがすべて浸かる程度)を沸騰させ調理酒をいれ弱火にする。

鍋にサーモンを投入。沸騰させない弱火で5〜7分煮る。

おかず3品を15分で作るコツ

作る順番を工夫する。

上記の3品の場合、次の流れで作ります。

・お湯(菜の花用)をわかす

・じゃがいもをカットして材料と混ぜ合わせ電子レンジでチン

・菜の花を茹で、ザルにあげ水切り

・鮭を茹でる(菜の花を茹でたお湯の再利用で時短度UP)

・じゃがいもの電子レンジ加熱が終了

・菜の花を辛子で和えて終了

・鮭が茹で上がり終了

ざっと、こんな感じで15分です。

なお、おかず3品作っている間に、炊飯器で急速モードで白米を炊き、そして味噌汁を作っていますよ。

時短料理には電子レンジを使う

上のレシピでは、ジャガイモとひき肉を加熱するのに電子レンジを使いました。

私は魚を焼くのも電子レンジを使いますし、野菜の下ごしらえ(やわらかくして鍋で煮る時間を短縮)にも電子レンジを使います。

電子レンジだけで作れる料理のレシピを増やしたことで、夕食作りのストレスがかなり軽減されました。

魚は低温で茹でる

料理に時間をかけたくない平日は、魚は「湯煮」することが多いです。

沸騰しない温度で魚を茹でるだけ。

調理本では、茹でる前に魚の切り身を水洗いし塩をふっておくと、書いてありますが。。。いつも省略しています。

それから、調理本をみると、茹でる時間は2〜3分と書いてあります。ただ、それだと火が通ってない気がして、私は調理本より長めの5〜7分くらい煮ています。

煮すぎると魚が固くなるので注意しつつ。

夕食を短時間で作るメリット

短時間で作る最大のメリットは、子供を早く寝かしつけることができること。

我が家の就寝時間は子供も私も夜8時半。これを可能にしているのは、帰宅後の夕食づくりをパパッと済ませているから。

さて、今夜は何をつくろうかな。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。