人生を変えるランニング。夙川沿いコースを走り、桜、紅葉、コーヒーを楽しむ。

夙川沿いをランニングしました。走りながら、紅葉の写真も撮れました。ダイエットと紅葉狩りが同時にでき、まさに一石二鳥な感じです。

約2年ぶりに走りました

汗をかくほど走ったのは、実は約2年ぶりです。

独身時代は、マラソンにはまっていた時期があります。当時の月間走行距離は200km以上。市民ランナーの目標でもあるサブフォー(42.195kmのフルマラソンを4時間以内に走ること)も達成したことがあります。

20代の自分。なかなかストイックでしたねぇ。

ランニングを通して、友達も増えました。思い返してみれば、夫を紹介してくれたのも、ランニング仲間。ランニングをしていなければ、今とは全く違う人生だったはずです。

良いことづくめのランニング人生を謳歌していましたが、妊娠・出産を通して、走ることから遠ざかっていました。

昨日は、「久しぶりに走らない?」という夫からの誘いがきっかけで、ホコリをかぶったアシックスのランニング・シューズを、靴棚の奥から引っ張り出しました。

トレーニング用のシューズは、アシックスのGEL-KAYANOというシリーズを愛用しています。クッション性が優れており、足の負担を軽減してくれます。今まで、膝が痛くなったり、怪我をして走れない、ということは一度もありませんでした。GEL-KAYANOのおかげかな。

やっぱりランニングって良いですね。シューズさえあれば、いつでも走れる。この手軽さが、ランニングの一番の魅力です。

 

苦楽園口駅を起点に走る

自宅から苦楽園口駅まで軽いジョギングで走り、その後、夙川沿いを本格的に走りました。
夙川沿いの走ったルートは、こんな感じです。

赤線:苦楽園口橋→夙川駅(片道:0.9km)

苦楽園口駅の改札から踏切を渡り、そのまま橋を渡ります。

橋の上は夙川の写真撮影ポイントです。春は、桜の写真を撮る人で、橋の上は、場所取り合戦になります。紅葉の時期も、綺麗な写真がとれるのでオススメです。

橋を渡ったら、階段を降りて川沿いへ移動します。このまま、川沿いを南下して阪急夙川駅まで走り、また苦楽園口まで戻ってきました。苦楽園口駅と阪急夙川駅まで0.9km、往復で1.8kmです。

 

紫線:苦楽園口橋→茶家カフェ(片道:0.6km)
今度は、苦楽園口橋から、夙川沿いを北上します。600mほど走ると、川の向こう側に、古民家カフェ茶家が見えます。「たい焼」と書かれた、赤い旗が目印です。

(対岸に見える、カフェ茶家)

 

個人的には、苦楽園口橋から北側の夙川沿いが好きです。人が少なくて、落ち着いた雰囲気です。

苦楽園口橋から茶家までの夙川沿いは0.6kmです。Uターンして苦楽園口に戻って来れば、往復で1.2km。

夙川沿いを、苦楽園橋→夙川駅→苦楽園橋→茶家カフェ→苦楽園橋と走ると、合計で約3kmでした。

このコースを2周すれば、6kmですね。1キロ5分で走れば、ちょうど30分。定期的なジョギングには、ぴったりな距離です。

このコースを基本として、これからは定期的にランニングをしようかな。

もっと長いコースを走りたい場合は、ニテコ池や広田山公園まで足を伸ばしても楽しそうです。

 

ラン後の楽しみ

苦楽園駅近くのアローツリー苦楽園店でコーヒーをテイクアウトしました。

アローツリー、イートインのスペースができていました。

アローツリーは、フレッシュなフルーツがたっぷり盛られたパフェがオススメです(ランニングで痩せたい方は、パフェは控えましょう)。

 

まとめ

夙川沿い、ランニングすると、本当に気持ちがよいです。

来週は、神戸マラソンが開催されますね。出場される方、頑張ってください。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。