通訳案内士の試験に、2ヶ月の独学で一発合格した英語勉強法

English study method

2008年、通訳案内士の試験に2ヶ月の勉強で独学で合格しました。当記事では私の勉強法を公開します。通訳案内士の試験はもちろん、各種資格試験の短期合格を独学で狙っている方は、今後の勉強法の参考にしてください。

勉強前の準備物

当たり前のことですが、独学の場合は勉強に必要な参考書や道具を自分で用意します。選ぶ際に重要なポイントは、必要最低限におさめることです。

あれもこれもと購入してしまうと、参考書の一部が手付かずに終わってしまい、試験に臨むにあたって不安感が生じてしまうからです。

さらに、参考書を購入する際はできるだけ自分の目で中身を確認してから購入しましょう。

自分にとって文字が読みやすいか、内容が難しすぎないか、が中身を確認する上で大切です。

私が通訳案内士試験を独学で受験したときに準備したものは下記の3セット。いたってシンプルです。

  1. 過去問題集中学
  2. 高校の教科書&地図
  3. 電子辞書

勉強の前に準備・分析

試験の傾向を調べたり、自分の学力のチェックをしたり、本格的な勉強に入る前に次の準備段階を踏みます。

JNTOの試験要綱を熟読

戦いに勝つには、敵についてよく知る必要があります。試験要項を読むことは、試験勉強以上に大切です。試験の出題範囲やスタイルを知ることで、勉強の仕方が決まってくるからです。

例)和文試験についてはマーク式、6割以上獲得すればOK、出題範囲は中学・高校の教科書レベル等。満点をとっても意味なし。足利義満と漢字で書く必要はない。が、将軍を英語で説明する必要があるetc

過去問題10年分を全て解く

過去問題を解き、“自分が苦手な分野”と“よく出題される分野”を分析します。

問題を解いた後での採点時に気をつけまるのは、つぎの3点です。

  1. 自分の弱点、強みを把握する
  2. 間違った問題範囲を、採点のついでに教科書で確認・チェックする
  3. 毎年良く出るテーマ(ex.地理での国立公園)を気づくたびにメモ(今後の出題テーマを予想できたら、それもメモ)

大まかな勉強計画を立てる

これまでの準備で、試験内容と自分をよく知れたはずです。あとは、その分析をもとに合格ライン(和文問題平均6割、英語7割)に到達するには、残された時間で何をどのように勉強すればよいか、よくよくよーーーく考える。ここが、一番の頭の使いどころ。

なぜなら、計画を立てたあとは言葉は悪いけれど『馬鹿になって』詰め込む事がメイン作業になるので。私の分析結果の一例は、

日本史:7割以上ほぼ確実にとれる(大学受験で勉強したため)。Step2で簡単な勉強もできた。二週間前までは勉強しない。弱点は文化。絵や写真を使った勉強必要。

地理:恐ろしくひどい。47都道府県の位置関係すら曖昧。過去問平均点は3割。とはいえ、今から出題範囲全てを勉強するのは不可。そこで、地理の頻出度が高い既存テーマと、そこから予想される出題範囲の勉強をトータルの勉強時間の6割に当てることにした。地図を使った勉強必須。

英語:問題を解いてわかったのは、解けなかった問題のほとんどの理由が、単語がわからなかったから。文法・和訳・英訳の基礎はOK。そこで、通訳ガイド試験に特有の単語を中心にした勉強(ハロー通訳で単語集を一冊購入)。問題量が多いので本番での、時間配分が気になる。減点されないために、簡単な単語、スペルミスをしない表現で記述を心がける。

こんな感じでした。

いよいよ勉強開始

これまでの準備段階を経たら、ひたすら勉強です。学習においては、限りある勉強時間の配分に注意します。(私の場合)好きだからといって日本史ばかり勉強しないように気をつけました。準備段階で分析した結果をもとに、学習内容をコントロールしましょう。

誘惑を避けるため、勉強中は携帯の電源オフにします。勉強できる隙を普段から見逃さない。目はキョロキョロ、頭はフル回転。勉強時間を作るために私が工夫したことを、列挙します。

  • 駅構内や電車の中で目に入る英語の表示を読んで、自分が知らなかった単語はメモ。たとえば、“監視カメラ”、英語でなんというでしょう。答えは駅構内で。
  • 直前まで勉強しないと決めた日本史だが、地理・英語・時事問題の勉強の気分転換時や、パスタを茹でている間に教科書をパラパラとめくる程度はした。
  • 都内の観光地で観光マップの英語版を見つけては、行く先々で熟読。過去問題を解くことで身につけた“感”を頼りに、出そうな単語・テーマはチェック。
  • 英語の問題では、実際に訪日外国人の方が質問してくる内容が良く出る。これまで、外国の友達に直接質問されたことを思い出して(何でみんなマスクしているの?何でこんなに自動販売機が多いの等)、その答えを頭の中で用意した。
  • 自分の英語力を考えたとき、二次試験対策は一次試験が終わってから取り組めば間に合うと判断したが、気分転換で英語のラジオ・podcastはほぼ毎日聞いていた。
  • 和食店では、日本語メニューを(頼まれもしていないのに)勝手に英訳。
  • 試験科目を全てリンクさせる。例えば、地理の勉強中に国立公園や世界文化遺産といったワードが出てきたら、それを英語で言えるか?
  • 誰かと話すとき、その人の地元について聞きまくる(私の弱点である地理対策)。

独学を軌道にのせるために

通訳案内士の試験を通して私が感じたことは、英語を身につけるためには、勉強を習慣づけることが大切ということ。

自動車を動かすにはエンジンをかける時に一番エネルギーを使います。タイヤが回り出しさえすれば、あとは惰性でグングン進む。

勉強も同じで、軌道に乗せるまでが難しい。そこで、独学のリズムをつかむまでの最初の数ヶ月だけ英語学習プログラムを利用するのが賢い手です。

【産経オンライン英会話】3ヶ月間で習慣化。コンサルタントがあなたのための学習プログラムを作成“”してくれます。

  • 生活スタイルに合わせた学習プログラムをつくってもらえる
  • メールサポートを回数無制限で受けることができる

オンライン英会話です。

個別の無料相談会を受けることができるので、自学習を習慣づけたい方は産経オンンライン英会話の無料相談会に参加してみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。