悲しいくらい高性能。通訳案内士がAI通訳機「ポケトーク」を使用した感想(PR)

pocketalk

通訳案内士、のりちゃんママです。

AI通訳機「ポケトーク」を使ってみました。感想をレビューします。

通訳機の必要性を感じている方、特に、

  • 訪日外国人の方と接する機会がある
  • インバウンドの仕事に関わっている・関わりたい
  • 語学の勉強をしたい

といった読者さんの参考になれば嬉しいです。

通訳案内士が感じたAI通訳機「ポケトーク」最大の魅力

pocketalk
ポケトークの同梱物

私にとっての「ポケトーク」の凄さは、なんといっても対応言語数の多さです。その数、なんと74言語。

通訳案内士の資格は言語ごとに分かれています。圧倒的に多いのが英語の通訳案内士です。

しかし、日本にいらっしゃるお客様は英語圏の方ばかりではありません。

訪日外国人の方で観光ガイドを利用される方は、母語がスペイン語だったりフランス語だったりするけれど、それらの言語の通訳案内士が見つからないため、仕方なしに英語の通訳案内士に依頼するというケースが多々あります。

私は英語の通訳案内士ですが、観光ガイドをさせて頂いた過去のお客様の母語は、英語圏のお客様と非英語圏のお客様で半々くらいの割合です。

お客様の中には、英語の得意な方もいれば、そうでない方もいます。

英語しかできない私でも、74言語対応の「ポケトーク」があれば母語が英語以外のお客様ともっとコミュニケーションをとることができます。

AI通訳機「ポケトーク」を実際に使った感想

!!動画をご覧になる際は音声に注意してください!!

上は「ポケトーク」を使用して、ドイツ語(私は全く話せない)を母語とする男性とコミュニケーションをした際の動画です。

「ポケトーク」にはボタンが2つあります。今回は、左側のボタンをドイツ語に、右側のボタンを日本語に設定しました。(もちろん左右を逆にしてもOK)

ドイツ語を話す人(男性)は左側ボタンを押しながら話す。

日本語を話す私(女性)は右側ボタンを押しながら話す。

操作が非常に簡単で、スムーズに会話を進めることができました。

通訳機を使った会話って面倒くさそうと思っていましたが誤解でした。

ボタンを押すだけなので操作の面でストレスは感じません。

翻訳までの時間は、「ポケトーク」の公式サイトで表記されているのは、

  • Wi-Fiの場合、平均1.2秒
  • モバイルデータ通信の場合、平均2.1秒

注)通信速度によって違いあり

私はモバイルデータ通信で使用しました。翻訳を待つ時間は公式サイトで表記のとおり、だいたい2〜3秒くらいでした。私の場合は待ち時間にまどろっこしさを感じることはありませんでした。

もしも、急いでいるシチュエーションでポケトークを使うのであれば、翻訳の待ち時間が気になるかもしれません。

AI通訳機「ポケトーク」は薄い・軽い・小さい

ポケトーク、薄いです。

「ポケトーク」を手にして実感したのは、薄くて、軽くて、小さいことです。

私が使っているスマートフォンよりも断然にコンパクトです。

「ポケトーク」をジーンズのポケットに入れてみます。

ポケットに「ポケトーク」入ってます。

外からみると、ポケットにはいっていることがわからないくらいのサイズです。

業務で「ポケトーク」を使用する場合、通訳機が必要な場面に備えて常に携帯しておくことになります。これだけ軽量なので、携帯していても疲れません。

通訳案内士が感じたAI通訳機「ポケトーク」の精度

「ポケトーク」の精度を調べるために、まずは私が理解できる英語と日本語で「ポケトーク」を試した結果、精度が非常に高くて驚きました。

長文を話しても、「ポケトーク」は文末を見極めて区切って翻訳してくれます。

英語以外の言語については、通訳後の言語がきちんと訳されているのか音声では判断できません。

では、どうやて判断するかですが、「ポケトーク」は私が話した日本語をどのように認識したかリアルタイムで表示してくれます。

表示された日本語を読むことで自分が話した言語が正しくポケトークに認識されたかわかります。

全くわからない外国語への通訳の際も、

「うん、大筋であっているな」

「ちょっと言い回しを変えたほうがよいかな」

といった判断はつくので、非英語での利用でも心配は不要でした。

「ポケトーク」の弱点を感じたのは固有名詞です。

例えば、「西宮市」という固有名詞を使って「ポケトーク」に話しかけてみたら、マイアミと誤訳。

かと思えば、「江東区」という固有名詞は、きちんと翻訳してくれました。

(私の「西宮市」の発音が悪かったのかしら?)

固有名詞を使う際は、リアルタイム表示をみて、話した言語がどのように認識されたか要チェックです。

AI通訳機「ポケトーク」は料金体系がわかりやすい

【ポケトーク〔W〕個人用の料金体系】

モデルグローバル通信
(2年付き)
Wi-Fiモデル
税抜価格29,880円24,880円
  • グローバル通信(2年)は、2年経過したら1年5,000円で延長可能
  • Wi-Fiモデルは、専用グローバルSIMカード(2年、価格10000円/税抜)を購入すればでもSIMカードの後付け可能

「ポケトーク」は料金体系がシンプルです。購入後にかかる追加費用はゼロ。費用を気にすることなく、世界中で安心して使えます。

通訳案内士は観光ガイドでいろんな場所を移動する必要があるので、Wi-Fiがない環境でも使えるグローバル通信(2年付き)モデルが良さそうですね。

もしも、民泊や販売業務で「ポケトーク」を使う場合で常にWi-Fiがある環境のみで利用するなら、Wi-Fiモデルが購入費用は安く済みます。

個人用の他に、法人用のラインナップもあります。「ポケトーク」のレンタルから収益を上げたい場合や、会社内での利用を検討されている方は、POCKETALK(ポケトーク)オフィシャルサイトをご覧ください。

AI通訳機「ポケトーク」まとめ

私は、語学の習得に膨大な時間を費やしました。それで、ようやく英語がビジネスレベルになった程度。

「ポケトーク」は、こんなにコンパクトなボディに74言語ですかぁぁぁ。。。私が青春時代を犠牲にして勉強したのはなんだったのか。

ちょっと感傷的になってしまいました。それくらい、すごいんです。

「ポケトーク」はソースネクスト株式会社さんの製品です。とてつもない通訳機を開発してくれました。東京オリンピックが近づくに連れて需要はますます増えそうです。

私も「ポケトーク」の力をかりて二人三脚。言語の壁を今まで以上に乗り越えていきます。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。