直島ベネッセハウスに子連れ宿泊。費用と感想レポ。

幼児3人を連れて直島のベネッセハウスに宿泊してきました。

ベネッセハウスの客室

ベネッセハウスのパークスイートに宿泊です。

部屋からの眺めは海。開放感があります。

客室のテーブルの上に、ウェルカムギフトとしてポストカード、トートバッグが3つ、そしてキャンディが置いてありました。心遣いが嬉しい。

ウォークインクローゼットが広い!

Illyのコーヒーメーカーが備わっています。カフェインレスのコーヒーカプセルもありました。妊婦さんや授乳中の方に嬉しいですね。

アメニティ。

ベネッセハウスの食事

ベネッセハウスの食事は事前に予約する必要があります。

夕食は弁当のルームサービスを注文

チェックインした日の夕食はルームサービスで弁当を予約しました。

弁当はベネッセハウス内にある日本食レストラン「一扇」による和食弁当です。

部屋に持ってきてくれる時間は一番早くて午後6時とのこと。そこで、午後6時に持ってきて頂きました。

注文したのは大人用弁当が2つ、子供用弁当を3つ。

大人用の弁当の写真がこちらです。

ベネッセハウスの弁当

大根の桂むきの下にはお刺身が隠れていました。

ベネッセハウスの弁当

子供用の弁当はこちら。

ベネッセハウスの弁当(子供向け)

子供向け弁当は2段になっていて、下の段にはご飯やお肉が。

ベネッセハウスの弁当(子供向け)

ポットに入ったお味噌汁も5人分ついてきました。

幼児3人がいるので、レストランでディナーを食べると、かなり気を使います。チェックインした日は子供は疲れているので、機嫌が悪くなる可能性も大いにあります。部屋で食べて正解でした。

ベネッセハウスの朝食

ベネッセハウスの朝食はテラスレストランで頂きました。朝7時半に予約していたので7:30ちょうどにレストランにつきました。

レストランの入り口にはすでに10名くらい並んでいました。外で待たねばならず寒かったです。

大人の朝食はこちら。

6歳の子供用ブレックファストも大人用と似たような内容でした。

2歳と4歳の子供は朝食は無料です。無料なのに、スープ、ヨーグルト、ジュースにパンと豪華。

しまじろうの塗り絵つき。レストラン内でクレヨンをお借りすることができました。子供がレストランで静かに過ごせます。

パンはお替り自由でした。食べ過ぎてしまいました。

ベネッセハウスの費用

ベネッセハウスの領収書

ベネッセハウスに子連れで1泊した費用についてまとめます。

チェックアウトの際に支払った金額は75,894円でした。内訳は以下の通りです。

  • 宿泊代(大人3名分) 90,750円
  • ルームサービスの弁当代(大人用2個、子供用3個) 20,691円
  • 朝食代 6,655円
  • GO TO トラベル割引 −31,762円
  • 送料(スーツケース1個をホテルから宅配)2,060円
  • 白ワイン(ルームサービス利用)1,500円
  • 地域共通クーポン利用 −14,000円

宿泊代が大人3名分です。宿泊した人数は5人(大人2名、幼児3名)ですが、幼児の添い寝は大人1人につき1名まで。

客室に子供料金というのはないので、大人3名分で予約しました。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。