カウンター席の人気ラーメン屋で、迷惑をかけずに赤ちゃんと食べる方法

子供連れで外食する場合、カウンター席のみの店は敬遠しがちです。そのせいで、美味しいラーメン屋を諦めていませんか?今日は幼児連れのカウンター席ラーメン攻略法を図解つきで説明します。

訪問前にお店に電話して確認

カウンター席のみのラーメン屋に子連れで行く場合は、訪問前にお店に電話して、

「赤ちゃん連れで行っても大丈夫ですか?」

と念のため確認しましょう。

万が一、「小さいお子さんはお断りです」と言われたら、素直に諦めましょう。

空いている時間帯に入店しよう

混雑時は避けて、空いている時間帯にお店にいきましょう。入店のオススメ時間は開店直後の早い時間帯です。

そして、休日よりも、平日を選びましょう。

1人で座れない子供は抱っこ紐

我が家には子供が2人います。

下の子(1歳)は、背もたれなしのカウンター席には1人で座ることができません。そこで、カウンター席では、抱っこ紐で対面向きで抱っこして座ります。対面向き、ですので、子供とママ(パパ)が向かい合うように抱っこします。

家族で行く場合、抱っこ紐を使い慣れいてる人が抱っこ担当になりましょう。我が家では、カウンター席ラーメンでは、いつもママが抱っこ担当です。

カウンターと並行に座る

対面向きで抱っこしたら、ママはカウンターと並行に座ります
カウンターと並行に座ることで、ママは子供にラーメンを与えやすくなります。図で説明すると、こんな感じです

【図解:子連れカウンター席の座り方】

席が空いていれば、ママは端の席に座ることをおススメします。もしも、他のお客さんの隣に座る場合は、あらかじめ「すみません」と謝っておきます。

ラーメン店に限らず、小さい子連れで外食する際には、お隣のお客さんに、「最初に一言かけておく」と、周囲の視線も柔らかくなることが多いですよ。

ラーメンを子供から離しておく

火傷防止のため、ラーメンを子供の手が届かない位置に置きます。

お店から取り分け用の小皿を借りると便利です。ラーメンを一度小皿に移して、小皿から麺を子供に食べさせてあげましょうね。

子供に食べさせるのが最優先

子連れカウンター席ラーメンは、子連れファーストです。ママのラーメンはちょっと伸びてしまうかもしれませんが、まずは小さい子供のお腹を満たしてあげることに集中します。

子供がちゅるちゅる食べている合間、隙をみてママも食べます。

カウンター席に限りませんが、絶対に避けたいのは、子供が頭からラーメンなどの熱い飲食物をかぶってしまうこと。

子供は背が低いですし、ベビーカーに乗っている時も、子供の位置は低いです。熱い食事が子供の頭上を通らないようにしましょうね!

他のお客さんへの配慮

カウンター席の間隔が極度に狭い、または、お店が混んでいる。
そんな時は、別なお店にするか、日を改めましょう。

そして、食べ終わったらすぐ帰る、これがカウンター席ラーメンの鉄則です。

まとめ

我が家は、ラーメン屋を探すとき、「テーブル席あり」「椅子席」「子連れ歓迎」といったキーワードで検索していました。

でも、美味しいラーメン屋に限って「カウンター席」のみのことが多いのです。

どうしても行きたいお店は、以上のような工夫をすることで「カウンター席」のみのお店でも子連れで楽しんでいます。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。