昨日、西宮市全域で光化学スモッグ注意報が発令された。

Photochemical smog

昨日(2019年8月2日)の話です。登録している「にしのみや防災ネット」から、光化学スモッグ注意報の発令を知らせるメールが届きました。

光化学スモッグ注意報の発令が西宮市全域で出た。

私のスマホにメールが届きました。

Photochemical smog
光化学スモッグ注意報の発令を知らせるメール

私が東京に住んでいた頃は、光化学スモッグの発令は度々ありました。

ただ、その頃は、独身で子供もいませんでした。

子供が生まれてから、光化学スモッグによる健康被害が非常に気になります。

光化学スモッグ注意報が発令されたときの対策

「にしのみやのそら(西宮市大気汚染常時監視システム)」というホームページをみると、注意報等が発令された時にできることとして、次の4点が記載されていました。

1)なるべく外へはでない

2)屋内に入り休む

3)窓を閉める

4)自動車の運転をひかえる

にしのみやのそら(西宮市大気汚染常時監視システム)「注意報等が発令されたら」より

光化学スモッグの注意報の発令に気がつくことが大切

「注意報等が発令された時にできること」は、どれも簡単にできることばかりです。

肝心なのは、光化学スモッグの注意報の発令に気がつくことだと思います。

私は、注意報の発令については、防災ネットからのメールで気がつきました。

防災ネットの登録は簡単です。「ひょうご防災ネット」で検索すれば、すぐにわかります。

昨日の15:15に発令された光化学スモッグの注意報は、約2時間後の17:00に解除されました。

防災ネットは、注意報の解除についても連絡をくれる、優れものです。

疑問。地球に人間は住み続けられるのか。

サイト「にしのみやのそら」によると、光化学スモッグは、4月から10月にかけての日差しが強くて気温が高く、風の弱い日に発生しやすいとのことです。

連日の猛暑。

熱中症対策にも気をつけなければいけない中、今度は、光化学スモッグです。

異常気象。

環境問題。

私の子供が大きくなる20年、30年後の地球。人間がまだ住める環境なのだろうか。

子供を産んでから、環境のこと、それまで以上に考えるようになりました。

自分ができることとしては、

  • エアコンの温度設定
  • プラスチックのゴミを減らす(ペットボトルを買わない)
  • ゴミの分別でリサイクルに努める
  • 歩いていける距離は車を利用しない

この辺りを気をつけています。

特に、最後の「車の利用」について。

光化学スモッグの原因は、工場や自動車から排出される窒素酸化物や揮発性有機化合物(VOC)です。

私の住環境は坂が多いので、ついつい車で移動してしまいが地ですが、子供がいないときは徒歩・自転車で行動するようにしています。

ダイエットにもなるしね。

小さなことですが、たくさんの人が環境に気をつければ、大きな成果になる!はず。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。