妊娠が周りにバレたのはいつ?隠したい理由と隠すための服装。

hide-pregnancy

先日、まったくの他人から「妊娠してるの?」と言われました。妊娠19週6日目のことです。初対面のひとから指摘されるとは、それだけお腹周りが目立ってきたということ。理由があって家族以外には妊娠を隠しておきたい人も多いはず。この記事では3回の妊娠を通して私が学んだ妊娠を隠しやすい服装についてお話します。

妊娠を隠したい個人的な理由

妊娠はおめでたい出来事ですが、事情があって妊娠したことを隠しておきたい人もいますよね。私がそうでした。

第1子を妊娠したとき、私は一般企業で会社員をしていました。妊娠は何があるかわからないから、安定期に入るまでは社内で秘密にしたい。という気持ちがありました。

ただ、妊娠初期からツワリがひどかったので、直属の上司には妊娠8週のときに伝えました。

妊娠していることを早めに上司に伝えることで、出勤時間を遅らせるなど勤務時間の融通を利かせてもらうことができ助かりました。

会社側にとっても、早めに知らせてもらったほうが増員の計画など立てやすいですよね。

バレやすい服装はワンピース

妊娠を3回経験してわかりました。お腹の膨らみがバレやすい服はワンピースです。

前述した通り、妊娠19週で見ず知らずの女性に「妊娠しているの?」と聞かれました。この時に私が着ていた服装もワンピースでした。

上下セパレートの服装(パンツスタイルやスカート)と違って、ワンピースはウエストの部分で切り替えが入りません。そのため、ワンピースはお腹の膨らみが目立ちやすいのです。

妊娠を隠したい場合は、ウエスト部分がストンとしている形(ワンピースやチュニックなど)のファッションは避けたほうが無難です。

どうしてもワンピース類を着用したい場合は、

  • ウエストラインで絞れるタイプ
  • 上下で切り替えが入っているデザイン

にして、お腹の膨らみから視線がそれるものを選ぶと良いです。

妊娠を隠す服装のテクニック

妊娠を隠したい場合にコーディネートで気をつけるべきポイントは次の3つです。

1)黒や紺をトップスに持ってくる
ダークカラーは痩身に見せる効果があります。上にきる服に黒や紺を選ぶと良いです。

2)ボトムスは細身タイプを着る
パンツでもスカートでも、細身のタイプを着ると良いです。私は、伸縮性のあるスキーニータイプのジーンズをよく着ていました。

3)ボトムスに明るいカラーを持ってくる
下に着る服は、明るい色を選びましょう。そうすることで、上下にコントラストができます。また、見る側の視線が下方に来るので、お腹から視点をそらせますよ。

以上の3点を気をつけて、洋服選びをしてくださいね。

妊娠中は服のレンタルサービスを活用

妊娠5ヶ月を過ぎると微妙な感じでお腹周りが出てきます。マタニティー服を着るほどではないけれど、手持ちの服ではキツくなってくる。

妊娠は一時的なものなので、新しい服を購入するのはもったいない。そんな私の悩みを解決してくれたのが、ファッションレンタル「airCloset」です。

服がダサい人を改善するテレビ番組がありますよね。あれに出たいとつねづね思っていた私。自分のファッションセンスに自信がないんです。

ファッションレンタル「airCloset」の利用方法は簡単です。自分の体のサイズを測って、服を着るシーンや好みのファッションを伝えるだけ。あとは、申込みから数日でプロのスタイリストが選んでくれた服が自宅に届くというシステムです。

妊娠中はツワリなどで体調がすぐれず服を買いにいくのも面倒になりがひ。ファッションレンタル「airCloset」を使えば、プロの手を借りて妊娠中もオシャレができますよ。