サンタクルス夙川再診。子宮頸がん検査【妊婦健診2回目】

  • 使った助成券:11,000円分
  • 支払った現金:13,020円
  • 検査: 子宮頸管粘液採取/妊娠初期血液検査

妊娠11週です。サンタクルス夙川で1か月ぶりの再診。ツワリが酷かったので、前回から期間が空いてしまいました。

この日は予約を11時に取っていたのですが、朝の予定が早く済んだので、インターネットで予約を10時に変更。当日の予約変更もオンラインで出来るのが助かります。

午前中にお産があったそうで、待ち時間は長めでした。受け付けしてから中待合室に呼ばれるまで30分ほどかかりました。

看護師さんから、「過去半年に子宮頸がん検査をしましたか?」と尋ねられました。

検査していないので、内診の時に子宮頸がん検査をしました。加えて、妊娠初期血液検査も実施。採血しました。

女医さんとの問診の後、お腹にジェルを塗って、エコーでみて頂きました。前回は5mmだった胎児が、10倍の5cmに成長していました。

気になる性別ですが、さすがにまだ分かりません。妊娠5ヶ月に入らないと判定は難しいんだってー。

診察後に、看護師さんが温かいおしぼりでジェルを拭き取ってくれました。

大概の病院は、ティッシュで拭き取りますよね。温かいおしぼりのほうが、しっかり拭き取れて良かったー。

診察のあとは別室で採血です。私は血管が細く、採血の時に2回、3回と針をさされることが多いのですが、無事に1度で終了です。

採血のあとは、カウンセリング・ルームで、スタッフさんから出生前検査、スタジオレッスンや入院について説明していただきました。

出生前検査は妊娠初期にしかできないため、希望する場合は早めに予約をとるようにとのことでした。

スタジオレッスンでは、マタニティヨガ、マタニティビクスを妊娠14週以降から受けることができます。

必要以上の体重増加を防ぐためにも、受診と合わせてスタジオレッスンを積極的に受講しますよ。

それから、入院について。私は、サンタクルスで出産するか、2人目を出産した西川クリニック(大阪市)で出産するか迷い中です。

サンタクルスのスタッフさんには、「遅くても30週までには決めてくださいね」と言われました。

なぜ出産する病院で迷っているのか?大阪市の西川クリニックは、無痛分娩でも自然に陣痛が来るのをまってから麻酔をしてくれます。

サンタクルスの場合、和痛分娩(サンタクルスでは、この呼び方をつかう)は計画分娩になるのです。

サンタクルスでは、和痛分娩セミナー(基本的に第1土曜日)が毎月開催されています。サンタクルスで和痛分別を希望する場合は受講が必須です。

まずはセミナーに参加して、話を聴いてこよう。

最後はお会計。検査が多かったので、11,000円分の助成券を利用して、支払った金額は13,020円です。検査がある時は、現金を多めに用意しておくと安心です。次回の妊婦健診は2週間後です。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。