毎日の買い物の時間短縮をしよう。「レジかごバッグ」の失敗しない選び方。

「レジかごバッグ」を使用するようになってから、買い物の時間が大幅に短縮されました。もっと早く買えば良かった「レジかごバッグ」。私は2回の買い替えを経て、自分に適したバッグを見つけました。これから購入を考える方に向けて、失敗しない選び方について書きます。

「レジかごバッグ」の使い方

スーパーで会計するとき。店員さんが商品のスキャンを始めるタイミングで、スキャン後の商品を入れるかごに「レジかごバッグ」をセットします。

店員さんは、いつも通り、バーコードをスキャンしながら商品をカゴからカゴへと1つずつ移します。支払いが済んだ後は、商品が入れられた「レジかごバッグ」をカゴから外して、買い物が終了です。

「レジかごバッグ」のメリット

「レジかごバッグ」のメリットは、なんといっても、購入した物をカゴから袋へ移す必要がないということです。

会計が終わった後に、バッグをもってすぐにお店を出ることができるので、大幅に時間短縮ができます。

スーパーが混んでいる時は、購入した物を袋につめる場所が混んでいます。「レジかごバッグ」を
使用すれば、会計後に場所探しにイライラすることはありません。

「レジかごバッグ」は、ビニールのレジ袋が必要ないので、環境にも優しいです。

「レジかごバッグ」の選び方

レジかごバッグを選ぶ際には、下記の5つのポイントの何に優先順位があるか考えましょう。

  1. 重さは?
  2. 折りたためる?
  3. 型崩れしないか?
  4. 保冷・保温できる?
  5. 肩にかけられる?

ベストな「レジかごバッグ」は、交通手段やライフスタイルによって決まります。

【徒歩派】

歩いて買い物へ行く方には、軽くてコンパクトに折りたためるタイプがオススメです。そして、手の負担を軽減できるように肩にかけられる(持ち手が長い)ものが良いです。

【車・自転車派】

車や自転車で買い物へ行くことが多い方には、バッグが自立する(型崩れしない)ハードタイプがオススメです。ハードタイプは、荷物が少なくても運転中にバッグが倒れる心配がありません。

【レジャーでも使う派】

「レジかごバッグ」の中には、保冷・保温タイプのものもあります。保冷パックを入れる場所があると、夏に生鮮食品を買う時に安心です。家族でレジャーに出かける時にも使用したい方は、保冷・保温機能ありのバッグを選びましょう。

【ポケットつきが便利】

「レジかごバッグ」の外側にポケットが付いていると、お財布や家の鍵を入れることができるので、便利です。

絶対オススメの「レジかごバッグ」

「レジかごバッグ」のヘビーユーザーな私が、徒歩でも、自動車での買い物の時も気にいって使っているのはパール金属のクーラーバッグです。


(空の状態でも、しっかり立つ)

<お気に入りポイント>

  • 生地がしっかりしている
  • 保冷・保温性が高い
  • ポケットが付いている
  • 巾着式
  • 持ち手が長め
  • 買い物カゴにぴったりサイズ

なお、私の買い物への交通手段は、車が4割、自転車が4割、徒歩が2割です。

最初に買った別なメーカーのバッグは、生地がヨレヨレすぎでした。そのため、中に入れるものが少ないと、クニャッと倒れてしまい使い勝手が悪かったです。その点、パール金属のクーラーバッグは、生地がしっかりしています。車、自転車で買い物へ行くときに安心です。

しっかりしている割に、軽いです。徒歩で買い物の時でも、バッグの重さは気になりません。
ポケットが付いているので、このバッグにお財布をいれて買い物へ出かけます。

デザインがオシャレなので、徒歩の時は、バッグとして使う、というわけです。両サイドにボタンが付いています。このボタンを止めて、バックとして使っています。


(両サイドのボタンをとめた)

使わないときは、平らに畳んでおきましょう。

(収納時)

出しっぱなしにすると、子供が遊びます。

男性こそ「レジかごバッグ」

カラーがベージュというのが実は重要なのです。最初に買ったものは、赤の水玉の商品でした。夫が買い物に行った時に、「次は、もう少し落ち着いた色を」といわれました。

男性って、効率的なことが好きな人、多いですよね。私よりも夫のほうが「レジかごバッグ」のファンです、「なんでもっと早くつかわなかったのかねー」と言っています。

買い物へ行く頻度が多い方ほど、「レジかごバッグ」で時間の節約ができますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。