母乳が出る、軌道にのる方法。完全母乳に2週間で挫折した実話。

産後の手伝いに来ていた実母が、当初お願いしていた滞在期間を短縮して田舎へ帰りました。その時に実母が残していったのが、上記のメール、「ミルク200mlあげました」です。

長女を出産して15日目でした。
私の完全母乳への挑戦は、わずか2週間で幕を閉じたのです。

完全母乳にこだわりすぎた

1人目出産の時、私は母乳にこだわり過ぎていました。

出産した助産院が母乳育児を推進していたこともあり、妊娠中から産後は可能なら完全母乳で育てたいと考えていました。

この助産院、非常に母乳育児にこだわっていました。

忘れもしない、生後2日目の夜。母乳が足りないので、赤ちゃんは全く眠ってくれません。

助産師さんが、深夜に私の部屋に来てくれました。

私:「赤ちゃんが寝てくれず、私も眠れません。ミルクあげたほうがよいかと。。。」

助産師:「ママが眠りたいから、ミルク足したいんですか?

今の私であれば、「はい!そうです、眠りたいんです。ミルクくれ!」
と催促できます。

当時の私にはできなかった。ミルクを足すのが、負けのような気がして。赤ちゃんに悪いような気がして。

下手な授乳方法で乳首から血が!

そもそも、出産直後から母乳の吸わせ方が間違っていました。

正しい授乳方法をご存知ですか?

赤ちゃんが口を大きく開いた時に乳首を口に含ませ(ぎゅっと押し込み)、深く吸わせるのが良い飲ませ方です。

私は、そんなの知らなかったー。

妊娠期間中に頭は出産のことでいっぱい。

陣痛って、どのくらい痛いのか。
会陰切開するのかしないのか。
立会出産するべきか。

産むことで頭がいっぱいで、産後のことは産んでから考えれば良いっしょーって。

そもそも、産後は疲労困憊です。

正しい授乳方法を頭でわかっていても、実行するのは難しいです。

お腹をすかせて泣いている赤ちゃんを見ると、母性本能がはたらくのか、

「はやく母乳をのませて助けたい」

と思ってしまい、乳首の吸わせ方がいまいちであっても、そのまま授乳。

産後の入院期間中は、1秒でも長く横になりたかったので添い乳で授乳していました。横に寝て、爆睡しながら授乳していたのです。

添い乳は、わたしのような授乳ビギナーには適していませんでした。

赤ちゃんも、母乳をチューチュー吸いながら寝てしまい、最初は深く吸っていても、次第に浅くなってしまいます。

浅く吸わせていたことで、乳首に傷ができてしまいました。この傷が痛いのなんの。
治りも悪く、産後3ヶ月くらいまで完治しませんでした。

入院中、ナースに、
「乳首に傷ができて血が出ているんです(ミルクくれ)」
とアピールしても効果はありませんでした。

「乳首から血が出ていても、赤ちゃんには問題ありませんから
と一蹴されておしまい。

えっ、私の痛みは?

妊娠期間中は、妊婦様とあれだけ持ち上げておきながら、産んだら、この赤ちゃんファースト

こんな時、英語ではこう言います。
プリーズ・ペイ・モア・アテンション・トゥ・ミー!
Please pay more attention to me!
(私に、もっと気をつかってください)
※「(赤ちゃんではなく)私に」を強調するために、”me (ミー)”に力をこめましょう。

この記事を妊娠期間中に読まれている方であれば、今のうちから授乳の仕方のイメージトレーニングをしておくと良いですよ。

赤ちゃん出てきたら、授乳の仕方を勉強する時間なんてありません。生まれた瞬間から授乳生活は始まります。オギャー!はい、即ラッチオン、です。

実母との過去の確執が産後に大爆発

入院中はミルクを一度も足さずに退院しました。

退院と同時に、福島県の実家から実母がサポートに来てくれました。実母は40年以上のキャリアを持つ現役看護師です。しかも、実母は産科で働いた経験があり、数多くの出産にも立ち会っています。

看護師の実母がいるなんて、あー、心強い。と産後のヘルプを依頼したのが、大間違いでした。

私と実母は不仲なのです。

実母は、私が幼少の頃に、ギャンブル(主にパチンコ)に依存しており、家にほとんどいませんでした。

授業参観や部活動の応援にくることも無し。私が小学校6年生の時の謝恩会にも来ませんでした。周囲の友達がお母さんと一緒に座る中、私だけは担任の先生と座りました。切ない気持ちで帰宅後、母に、どうして謝恩会に来られなかったか聞きました。

「(パチンコの)玉が止まらなかったから

子供を産むって不思議です。出産してから、封印していた昔の記憶が鮮明に蘇って、やけに実母が憎くなりました。産後のヘルプで来てくれた実母に当たりちらしました。

20年前の恨みを、今こそ晴らす!

実母が赤ちゃんに勝手に粉ミルクを与えた

私の悪態に耐えられなくなった実母は、当初の滞在予定を前倒しして、1週間で地元の福島へ帰ることになりました。

その時に実母が残していったのが、冒頭のメールです。

実母は、どうせ予定より早く地元に戻って(私に)怒られるんだから、お腹を空かせて可哀想な赤ちゃんにミルクあげてっちゃおーっ、と思ったそうです。

実母が無断で与えたミルクで、私の完全母乳への挑戦は幕を閉じました。

実母が帰ったのと時を同じくして、出産したクリニックからも、赤ちゃんの体重の増加が乏しいため、ミルクを与えるように指導を受けました。

完全母乳にこだわりが無くなり、母乳の不足をミルクで補うことにしました。ミルクを与え始めて、びっくりしましたよ。

赤ちゃんて、お腹空いてないと、こんなに眠るんだって。

生後3ヶ月、母乳がわんさか出る

いったん粉ミルクを与えると、あんなにこだわっていた母乳への執着がなくなりました。母乳とミルクを半々くらいで過ごしました。

驚いたことに、生後3ヶ月くらいになると、母乳が信じられないくらいに出るようになりました。その量、ナイアガラの滝のごとし。

私の場合は、次の3点に気をつけたことで、母乳がたくさん出ました。

⑴ 母乳は夜作られる。睡眠時間をしっかりとろう。
母乳は血液でできています。血液成分が作られるのは、眠っている時間帯です。スマホでネットサーフィンしてないで、夜はさっさと寝ましょう。

⑵ ストレスは母乳の敵。ゆっくりとした気持ちで過ごそう。
私の場合、まずは実母の滞在がストレスでした。手伝いにきてもらっておきがながら、母には申し訳ないのですが。これも、すべては実母が私が幼い頃にパチンコ狂だったことが原因です。

それから、乳首の傷もストレスでした。

授乳は本来、女性にとって至福の時間と言われます。私の場合は、傷が痛いので地獄の時間。

吸われると痛いので、授乳の時は、どうしたって身構えてしまいます。
乳首の傷がなければ、授乳はもっと早い時期に軌道に乗ったことでしょう。

声を大にして言います。
赤ちゃんには、深く乳首を吸わせよう。

乳首の傷が痛くて、産後はイライラしていた私。リラックスするためにハーブティを飲んでいました。授乳中はハーブティーのクオリティにもこだわりたいところ。安心して飲めるのは、全国で600以上の産婦人科病院でも導入されている『AMOMA』のオーガニックハーブティーです。

『AMOMA』の公式サイトには「ママの物語」というコーナーがあり、母乳育児に悩む女性の実体験を読むことができます。自分と同じ悩みをもつ女性がたくさんいるとわかると、勇気が出ますよ。

⑶ 体を適度に動かそう。オススメは散歩。
産後1ヶ月が過ぎた頃。赤ちゃんを連れて、近所の散歩に行きました。体を動かすと血流が良くなって、母乳も良くでるようになります。

3人産んで母乳について思うこと。

私は現在、3人の子供います。1人目の子育てを振り返ると、あんなに母乳に執着した最初の2週間が正気の沙汰とは思えない。

1人目なら上手に授乳できないのも当たり前。産後すぐは母乳が出ないのも当たり前。

大切なことは赤ちゃん、そしてママの健康。このことを忘れずに、これからも育児していきたいです。



【関連記事】
【自然分娩の体験記】自然分娩と無痛分娩の両方を経験しました

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。