あまった外貨コインを関空で円に両替してEdyにチャージ。海外旅行のお得術。

関西空港で、外貨の両替マシーン「ポケットチェンジ」を使いました。この両替機、お札だけでなく、硬貨も両替できます。両替して日本で使っているエディやWAONなどのカードに、電子マネーとしてチャージできるのです。

使い方は、簡単。

1)外貨を投入
2)両替のレートを確認
3)チャージするカードを「ピッ」

初めて利用しましたが、1分以内で全作業が完了しました。

私はエディにチャージしました。ほかにも、
iTunes
WAON
LINEマネー
ユニセフ

にチャージ(募金)できます。

海外に行くと、外貨コインは必ず残ります。

コインは銀行で両替をしてくれないので、余った外国のコインは扱いに困ります。

お金だから捨てるのは、たとえ1円の価値でも、もったいない。

自宅に外貨コインを持ち帰ると、ずぼらな私は、日本円とごちゃ混ぜにしてしまいます。
自販機に入れた10円玉が何度も戻ってきて、よく見たら、ユーロの5セントだった、なんてことも。

硬貨も両替できるポケットチェンジ。1つ気になるのは、手数料です。
手数料についての説明は、ポケットチェンジの公式ホームページにもありません。

実際にポケットチェンジで両替してみて、レート率はあまり良くない(手数料が高め)と感じました。

ちなみに、私が両替した金額は、0.30ドルです。30ドルじゃないですよ。0.30ドルです。
ポケットチェンジで両替したところ、29円でした。為替レートだと、0.30ドルは34円でしたから、5円の損失。

それでも、海外で余ったコインを、自宅に放置するよりは、電子マネーにチャージしたほうが、断然良いです。

ポケットチェンジは、関空に帰国して、エアポートリムジンに乗る時に見つけました。
関空から西宮駅まで行くバスを待つ間に、さっと両替できました。
今回、1歳の次女を連れての子連れママ旅だったのですが、素早くエディにチャージできましたよ。

自宅にある外貨コイン、次に空港に行く時に両替機で電子マネーにチャージしよーっと。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。