タイヤ館でオイル交換。車のエンジンオイルランプ(警告灯)が点灯。

engine oil alarm

車の運転中に、エンジンオイルランプ(警告灯)が点灯しました。

警告灯は、エンジンオイルの油圧が低下すると点灯します。

油圧の低下の原因はいろいろとあります。私の車の場合、単純にオイル量の低下が原因でした。

オイル交換へ行ってきました。

どこでエンジンオイルを交換してもらう?

オイル交換をしてくれる業者さんは、たくさんあります。

  • ガソリンスタンド
  • カー・ディーラー
  • 車用品専門店(例:オートバックス)

などなど。

どこに依頼しようか。

今回はタイヤ館(西宮)へ行きました。

選んだ理由は、待合場所に子供の遊び場があるから。

Kids playing space in Taiyakan Nishinomiya
タイヤ館(西宮)のキッズスペース

ママ的な発想です。

エンジン・オイル交換

オイルの種類に悩む

タイヤ館へ着くと、まず最初に、オイルの種類を選びました。

私の車は中古で買った欧州車です。欧州車に適しているオイルとして、

  • 1)ベーシックタイプ
  • 2)高性能タイプ
  • 3)輸入車メーカー認証オイル

の3つの選択肢がありました。

値段は、1)2)3)の順に高くなります。もっとも高い3)は1)のおよそ倍の値段です。

どのオイルにしようか悩みます。

店員さんの口ぶりから察するに、1)ベーシックタイプでも十分な感じでした。

でも、「輸入車メーカー認証」という言葉に魅力を感じ、結局一番高い3)のオイルを選択しました。

4CTーS 5W-40というオイルです。楽天でも販売していました。


フィルターの交換

店員さんから、オイル交換と同時にフィルターの交換を提案されました。

ところが、お店にフィルターの在庫がなく、フィルターの交換はできませんでした。

エンジン・フラッシング(洗浄)

「エンジン内部が汚れているので、一緒にエンジン・フラッシング(エンジン洗浄)もどうですか?」

と言われ、フラッシング剤も購入。

ECO KEEPというフラッシングです。

フラッシングの説明書を読んでみると、「エンジンオイルの交換前に」と書いてあります。

購入したフラッシングには、遅効性の効果があるので、オイル交換と同時に使用してもOKと言われました。

オイル交換の所用時間

ピット(車を整備する場所)が空いていたので、オイル交換は20分ほどで完了しました。

タイヤ館(西宮)の待合室には、無料のコーヒーマシーンがあるので、コーヒーを飲みながら待ちました。

オイル交換でかかった費用

  • オイル代(4リットル)9880円
  • エンジンオイル交換作業料 540円
  • フラッシング剤ECO KEEP 1700円

合計 12,120円

オイルを「欧州車認証」とうたう高級のものにしたので値段が高くなりました。

車の機能や性能について無知なので、つい「認証」や「正規品」という言葉に購買路線を誘導されるワタクシなのでありました。

空気圧も調整してもらえた

オイル交換と同時に、タイヤの空気圧を調整してもらえました。

私の車は、つい数週間前に左後ろのタイヤがパンクし、ガソリンスタンドで修理してもらっています。

空気圧は問題がなかったみたいで良かった。

エンジンオイルランプ(警告灯)が消えた

オイル交換をしてもらったら、警告灯が消えました!

一安心です。

そういえば、タイヤがパンクしたときに点灯したタイヤ空気圧警告灯は、パンクを修理して空気圧が改善しても、警告灯は自動では消えなくて、ディーラーで消してもらいました。

点灯すると死ぬほど心配になる車の警告灯。問題を解決すると消灯するランプもあれば、点灯しっぱなしのランプもあるんですね。

タイヤのパンクについては、

子連れ走行中に車のタイヤがパンクした時の対応。修理の費用と所用時間。

の記事を読んでくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。