幼稚園に落ちたけど、楽しく生きて行く。一応、原因は振り返っとく。

幼稚園に落ちました。長女を来年2018年の4月から、西宮市内の幼稚園の3歳児クラスに入れたかったのですが、、、無念。

落ちた原因を、自分なりに考えてみました。

  1. トイレトレーニングがまだ完了していないことを(正直に)伝えたこと
  2. 面接の質問に長女が英語で答えた際、子供が英語を話す理由(家庭環境)を説明しなかったこと

です。

まず、1のトイレ・トレーニングについて。

面接は、複数の家族に対して同時に行われました。面接官からの「トイレトレーニングは進んでいますか」という質問。

これに対して、「今、トレーニング中です」と答えたのは我が家だけ。他の家族は、「完了しています」と答えていました。

これで、ひとつ不利に。

 

そして、2の英語について。

我が家のパパ(私の夫)は外国で育ちました。そのため、日本語より英語のほうが得意です。

パパの影響で、長女は家庭では英語に触れる機会が多く、日本語も英語も話します。

面接官から質問された時に、長女は英語で答えたのです。

この時に、私が家庭環境(娘のパパが外国育ち)を説明すればよかったのですが、急に英語で話した娘にビックリして、私は無言になってしまいました。

日本語の質問には、たいてい日本語で答えるのに、なぜか面接で英語が出た長女。緊張したのかな。

面接官には、(まだ2歳なのに、英語を詰め込んでいる家庭)と思われてしまったかもしれません。

この幼稚園は、”のびのび育てる”がウリなので、なおさらです。

これで、さらに不利に。

 

以上の2点が、落ちた原因かなと、自分では思っています。

 

 

長女は、1年前から認可外保育園に通っています。たのしく通えていますが、デメリットがいくつかあります。

まず、保育園費用。認可外なので、非常に高いです。

そして、ロケーション。自宅から数キロ離れています。

極めつけは、園庭が狭い。

もっと広い環境で体を動かして欲しいと思い、幼稚園に申し込んだのですが、入れませんでした。

幼稚園の面接の時間帯は、普段ならお昼寝をしている時間でした。

眠たいにもかかわらず、頑張ってくた長女。

落ちたことに理由があるとすれば、それは私の準備不足です。後悔で、2、3日ほど落ち込みました。

 

しかし。気がつきました。

「幼稚園にはいることが目的じゃない」

ということに。

 

目的は、長女が毎日を楽しく、生き生きと過ごす事です。

そのための手段が、今回の幼稚園の入園と考えての申し込みでした。

 

私のように幼稚園に落ちたみなさん。

暗くなっていませんか?
愚痴っていませんか?
子供やパパなど周囲を責めていませんか?

幼稚園に入る事は、目的ではなくて手段。
手段はほかにも、いっぱいあります。

本来の目的である、「子供が毎日を楽しく、生き生きと過ごす」ことができるように、自分ができることを実践していこう。