【写真公開】3児ママがダイエットして痩せるまでの期間と方法。

3人の子育て中、のりちゃんママです。今日はダイエットの話です。まずは1年前の私の写真をご覧ください。

本気ダイエット前の体型
2019年夏の私。

上記の写真は2019年の8月に撮影しました。ちょうど第三子を出産して1年経過した頃です。

腹部の肉がポッチャリとしています。このままでは、いかん!と奮起し、ダイエットをすることにしました。その結果が、こちらです。

ダイエット後の体型
2020年夏の私。

お腹周りがスッキリしました。そして、2019年は、お尻の部分の生地がピチピチだったのが、2020年はすっきりしています。

ダイエットでどれくらい痩せたか

数値上の変化は、

ダイエット前ダイエット後
体重53kg48kg
体脂肪率23%18%

体重はマイナス5kg、体脂肪率はマイナス5%でした。

ダイエット効果が出るまでの期間

念願だったお腹周りの皮下脂肪が落ちて嬉しいです。ただ、この結果を出すまでに期間としては1年かかりました。

1年で5kgの減量です。1ヶ月で約400g。我ながら地味な結果です。

運動も頑張ったし、食事管理も頑張りました。こんなに努力して、5kg痩せるのに1年もの期間がかかるのか、というのが正直な感想です。

体重を落とすだけなら、食べる量を減らせばよいのですが、極端な食事制限をして痩せると老けて見える危険性があります。

健康的に痩せる。脂肪を減らし、筋肉を増やすことを目標に運動・食事の両面からダイエットに取り組んだら、1年も期間がかかったというわけです。

ダイエットの方法

有酸素運動と筋トレを定期的にする

過去のダイエットでは、有酸素運動を中心に行っていましたが、今回のダイエットでは筋トレも定期的に実施しました。

運動の内容は、私の場合は、有酸素運動として早朝ジョギング。筋トレは、自宅で腹筋やスクワットをしたり、ジムのマシーンを利用したりしました。

運動の頻度は、ジョギング(30分以上)を週3回程度、筋トレは週2回程度行いました。

夕食の炭水化物を減量、野菜・たんぱく質を増量

これは、第三子を妊娠中から続けていることですが、夕食の炭水化物を減らしました。

主食(ご飯、麺類、パン)は朝食、昼食では普通に食べて、夕食では食べないようにしました。

夕食で主食を抜く分、野菜や肉・魚・豆類を多めに食べ、摂取カロリーが極端に減らないように注意しました。

食べる順番に配慮

外食で焼き魚定食を注文したとします。食べる順番は、

  1. 味噌汁
  2. 副菜(サラダなど)
  3. 焼き魚
  4. 白米
  5. お茶

の順番で、ゆっくり噛みながらいただきます。

最後に熱いお茶をいただくのも重要なポイントです。食後には可能な限り暖かいノンカロリーの飲み物を飲むようにして、「これを飲んだら食事終了」という指令を脳に出すようにしました。

間食や食後のデザートは基本的に食べない

ダイエット中の1年間は、間食や食後のデザートを基本的には食べませんでした。

ただし、例外もあります。

まず、家族の誕生日。この日はケーキを食べました。

それから、友達との新年会や忘年会。こうした特別な日は、みんなで持ち寄ったり、注文したりする甘いものを食べました。

ダイエットは続くよ、どこまでも

ダイエットしようと決意した理由は、写真でお見せしたお腹周りの皮下脂肪を燃やしたかったからです。

1年かけて燃やした皮下脂肪。油断すれば、あっという間にまたついてしまうことでしょう。

これからも、運動や食事には気を配って日常生活を送りたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。