知らないと赤っ恥、テニスのマナーや常識。大人にも教えてくれ!

大人になってから始めたテニス。マナーについては、「こんなこともしらいないの?」と、練習やゲームの中で恥をかきながら成長してきました。読者のみなさんを赤っ恥から守るべく、私がこの1年で学んだマナー、常識をまとめるよ。

セカンド・ボールは左ポケットに

サーブの時にボールは2つ持ちます。右利きのあなた、2つ目のボールは左ポケットの中に入れていますか?

右利きの場合、サーブのときにボールは左手でトスします。だから、左ポケットに入れておけば、セカンド・サーブがスムーズなのです。

この、「セカンド・ボールは左ポケット」という常識。私は、テニスを始めて1年もの間、知りませんでした。

サーブの時に、右ポケットからボールを出して、左手へボールを持ちかえる。右手はラケットを持っているから、ボールを落としたりして、あたふた。テニス歴が長い人から見れば、「あの人、なにやってんだ」でしょうね。穴があったら、入りたい。

セカンド・ボールは左ポケット。言われて見れば、確かに理にかなっています。

でも、言われないと気がつかないんだよー。

 

フォルトしたボールはネットにかける

あなたは、サーブを受ける側(レシーバー)です。1球目のサーブがフォルトだった場合、フォルトしたボールは、自分のコート側のネットにかけておきましょう

初心者でありがちなのが、「まだ、15−0でゲームは続くから、ボールはサーバーに返しておこう」と考えて、フォルトした1球目のボールを、セカンド・サーブ前にサーバーに向けて返球してしまう。ダメ、ダメ、ダメよ。

なぜダメなのか?

理由は、セカンド・サーブの前に、1球目のボールをサーバーに返球すると、サーバーのリズムを邪魔してしまうからです。

ただし。

1球目が、レット(ネットに当たって相手のサービスコート内に落ちる)の場合は、もういちどファースト・サーブからのやり直しのため、1球目のボールをサーバーに返却しましょう。

 

送球は遠くのボールから

サーバーにボールを返す時は、遠くのボールからサーバーに送球するのがマナーです。

なぜ、遠くのボールなのか?

これについては、理由は教えてもらっていません。なので、理由を自分なりに考えてみます。

遠くのボールのほうが送球に時間がかかります。時間がかかる方から、お先にどうぞ。という紳士・淑女のメンタリティーからのマナーでは?と推測しています。

プレー中の隣コートに入らない

隣のコートがプレー中の時に、コート内に入ってはいけません。

自分たちが使っていたボールが隣コートにはいってしまった時。
隣コートを横切って移動したい時。

「コートの端っこを通れば相手のプレーの邪魔にならないだろう」と考えて、コートを横切ってはダメです。
プレの妨害になりますし、なにより危険です。

プレーが途切れた時に、相手の許可をもらってコートを横切る、ボールを取りに行くようにしましょう。

ジャッジするのは自分のコート

草テニスのほとんどは、セルフ・ジャッジ方式です。セルフ・ジャッジは自分のコートのジャッジをします。

相手が自分よりテニス歴が浅かったりすると、親切心からか相手のコートのジャッジまでしてしまう人、いませんか?

セルフ・ジャッジするのは自分のコートですので、お忘れなく!

 

大人には指摘しずらい

私がテニスを始めたのは30歳を過ぎてからです。

子供の頃からスクールに通っていたり、学生の頃にテニスをしていたりすれば、テニスのマナーや常識は、先生や先輩が教えてくれると思います。

大人になってから始めると、基本的なマナーや常識を指摘してくれる人が少ないのです。

本来であれば、テニス・スクールのコーチにしっかりと教えて欲しいところです。でも、初心者クラスのように、「まずはラリーがつながるようになりましょう」レベルのクラスだと、テニスのゲームに関するマナーについては、指導してもらえる機会ってありませんからね。

テニスの技術的なことやルールに関しては、本を読んだり、コーチに指導してもらえても、マナーや常識については、周囲を観察して知る。もしくは、自分の間違いを指摘されて覚えることが多いです。

70代、80代になっても、テニスをバリバリと楽しんでいる方がたくさんいます。30代で始めても、健康であれば半世紀ちかくテニスを続けられるということ。マナーをしっかりと身につけて、長く続けたいものです。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。