子供(赤ちゃん)3人のお風呂の入れ方。パパが風呂担当から外れた理由。

家族の写真

子育て中の人間とって1日の最後に待っている重労働、それは子供のお風呂入れ。私は毎晩、乳幼児3人を丸洗いしております。座れもしない赤ちゃんと手のかかる幼児のお風呂の入れ方、そして、夫(パパ)に手伝ってもらわない理由について書きます。

乳幼児3人のお風呂の入れ方

我が家の子供は年齢が近いのです。小さい方から順に、

  • 生後5ヶ月
  • 2歳
  • 4歳

の3人。こやつらを、ママ1人でお風呂に入れています。なかなかに大変ですが、慣れると工場のラインワークみたいです。

パジャマの準備

まずはパジャマの準備です。3人分をリビングにセットします。

上の子2人は、オムツの柄で喧嘩をするので、かならずオムツの柄を統一することが肝心。

脱衣所にベビーベッドごと赤ちゃんを運ぶ

私と上の子2人が体を洗う間、一番下のベビーは脱衣所で待機してもらいます。

移動式ベビーベッドごと赤ちゃんを脱衣所に運びます。

冬は寒いので、あらかじめ脱衣所をヒーターで暖めておくことを忘れずに。

ママ、上の子2人を洗う

ママ、4歳、2歳の順に身体を洗います。ドア越しから待機中のベビーの泣き声が聞こえてきます。

洗い終わったら、上の子2人を湯船に入れます。

赤ちゃんを洗う

上の子2人が湯船につかっている間、こんどは赤ちゃんを洗います。

上の子たちは、気分次第で

「もうあがる〜」

と騒ぎかねないので、時間との勝負。迅速かつ丁寧にベビーの身体を洗います。

ベビーの身体はムチムチと太っているので、首の下や太もものシワに洗い残しがないように

全員で湯船につかる

ママ・ベビーも湯船に入って、4人全員でお風呂で温まります。

上の子2人はどこに座るかの争いを始めるので、まったくゆっくりできない。

パパに子供のお風呂入れをしてもらわなくなった理由

子供のお風呂入れはパパの担当という家庭は多いです。

ウチも以前はパパがお風呂入れの担当でした。でも、やめました。

理由は、パパの帰宅を待つのがストレスになってきたからです。

夫が帰ってくるのを待つ間、子供はだんだん眠くなります。

そんな時に、夫から「ごめん、子供のお風呂いれといて」なんてLineが来る。

眠たい子供をママ1人でお風呂にいれるのは非常に大変なんです。

加えて、パパが子供をお風呂に入れる時でも、ママ(私)が手伝う必要があります。子供をお風呂場に連れて行ったり、髪を乾かしたり。

ママ1人でお風呂にいれるのと、大して変わんないじゃん、ということに気がつきまして。

こういうわけで、平日は夫の帰宅を待たずに私が子供をお風呂に入れています。週末だけはパパ&ママの共同で子供をお風呂に入れています。

子育て中、お風呂は戦いの時間

子ナシ時代は、お風呂が一番のリラックスの時間でした。

お風呂にキャンドルとか灯しちゃったりしてさ。

子供3人になってからは、バスタイムは死闘の時間。効率化を図って、できるだけ工場の流れ作業のごとくスムーズに進めたいのですが、子供の気分次第で激戦地区を貸します。

ああ、ゆっくりと温泉に行きたい。ひとりで。

ABOUTこの記事をかいた人

兵庫県西宮市に在住する30代女性です。子育て・インバウンド、英語に関するテーマを中心に情報発信しています。詳しいプロフィールは画面上部の「サイト運営者」をお読みください。